【2010年7月30日】

☆月乃御伽デビュー☆

 お知らせでもお伝えしたように、月乃御伽が8月デビューします。
 京都の天才学生作家・水無瀬さんごにつづき、新人3連発、第2弾です。

 とある作家さんとお話をしていて、官能小説と美少女文庫の違いの話になりました。

 今の官能小説は、ある程度歴史ができつつあるのではないか。
 草創期の団鬼六作品では、最初の200ページを使ってヒロインの魅力なり世界観なりを書きこんでいった作品もあった。
 ある千草忠夫作品では、陰惨なラストが用意されていた。

 要求されるものがはっきりしてきたがため、官能小説の定型なりが決まってきているのかもしれません。
 
 それに比べて、まだ美少女文庫は若く草創期を抜け出ていません。
 ライトノベル、美少女ゲームの影響を受けながら、まだ定型が定まっているわけではありません。

 月乃御伽が、官能の長い歴史に一石を投じる存在になれるかは、デビュー作次第です。
 非常に緊張しております。そして非常に期待しております。

【2010年7月29日】

☆どんな生徒会長が好きですか?☆

昨日、K-BOOKS秋葉原店にお邪魔しました。
美少女文庫棚にて生徒会長フェアというミニフェアが行われておりました。

『ホントに撮っちゃうよ、生徒会長さん』天野都
『W生徒会長~どっちにするの』青橋由高
『ナイショの生徒会長』わかつきひかる
『生徒会長サマは放課後M!?』巽飛呂彦

などが紹介されておりました。
写真撮ってくればよかったですね。

おかげさまで今月の新刊も売れているみたいで安心しました。

新人もよく売れているようで安心しました。
気にいった方は、ぜひこれからも言わばパトロンとして水無瀬さんごの作家活動を応援してください。

WEBサイトでは河里一伸の第二回が公開されました。
得意の子作りハーレムです。

鷹羽シンは、ぜひ従来の美少女文庫に飽きている読者に読んでほしいです。
美少女文庫として新機軸に挑戦しています。

わかつきひかるはお店によっては品切れまで。
成長する主人公たちが描かれておりますので、ぜひ夏休み中に学生さんに読んでほしいです。

こうしてみると、7月ラインナップは総じてマジメな作家さんが多かったかもしれません。

【2010年7月28日】

☆京都ブーム?☆

わかつきひかる、水無瀬さんごの刊行を経て、自分のなかで今京都ブームが来ています。
もっとも京都ブームと言ってもイメージのなかの京都です。
実際の京都がどういうところなのか、わかりません。

「おこしやす」久保田順子(四コマ漫画)、「鴨川ホルモー」万城目学(小説)など読んで想像をたくましゅうしております。

果たして、本当に冷泉院沙耶さんのような没落公家お嬢様が住んでいる町なのでしょうか?
(まあ、完全にフィクションでしょうな)
ぜひ一回上京したいところです。

関西圏の方はぜひ京都で、7月新刊『妹はアンバランス』『お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手!』をお求めください。
といっても京都の書店事情もよくわからない。
信長書店やメロンブックス、アニメイトが中心なのかな。

【2010年7月27日】

☆上原稜、巽飛呂彦、黒本発売☆

 上原りょう先生第7作目に、巽飛呂彦先生の野心作がそろい踏みで登場です。
『隣の女子寮 お嬢さまハーレム』? 
 お嬢様ハーレムと言えば、上原りょう先生のの代表作にたしか……?

『巫女母と巫女娘と僕』?
 巫女ママと娘の親子どんぶりだって!?、たしか羽沢先生の作品に……?

 最近の黒本はどうなってしまったのでしょうか?

 美少女文庫、最大のライバルレーベルは、意外に身内なのかもしれません。
 ぜひ一回立ち読んでみてください。

【2010年7月26日】

☆夏休みに読んでほしい本☆

 コミケカタログが発売されました。
 カタログが出ると、私なんかはいよいよ夏真っ盛りだと感じます。
 学生の皆さんはもう夏休みに入っているでしょう。
 社会人の皆さんも短いですが、夏休みが近いでしょう。

 そこで今回は、夏休みに読んでほしい本をシチュエーションごとにまとめました。
 編集Mのオススメです。
 ところどころCM(?)も入りますが、ぜひぜひ素直なキモチで受けとめてください。
 ほんとうで読んでいただけると嬉しいです。

○夏休み、何日もかけてじっくり読んでほしい本
司馬遼太郎『坂の上の雲』
 日本の近代の運命を決めた日露戦争のお話です。
 夏休み、テレビではアジア太平洋戦争の企画がどうしても増えます。
 それと合わせて読むと、日本にとって帝国主義とはなんだったのか、少しわかるような気がします。

○夏休み、コミケの列のなかで読んでほしい本
みかづき紅月『生徒会長は俺の嫁!?』
 読み応えと悶え萌え率からオススメできます。
 ヒロインの生徒会長・澤城葉華に悶えている間、どんどん列は短くなります。
 列が長いのでマンガよりも文庫本のほうがいいでしょう。
 嫁ものも増えてきましたが、ライトHノベルでは本作が元祖です。

○夏休み、新幹線のなかで読んでほしい本
わかつきひかる『My姫なごみ』
 京都から千葉幕張へ、花フェスで勝って有名になるためやってきた元公家のお姫様・冷泉院沙耶。
 西から東に上る折もよし、東から西へ下る折もよし。
 沙耶のキモチになってぜひ読んでみてください。

○夏休み、なにもすることがないときぼんやり読みたい本
あずまきよひこ『よつばと!』
未読の方はぜひ。
編集Mは、リアル夏休みにこのマンガを読むという経験をしたかったです。
萌えるとかそういう感じでなく、ノスタルジーを感じさせます。

☆夏休みフェア実施中☆

【2010年7月22日】

☆週刊プレイボーイも妹サマには逆らえない☆

 週刊プレイボーイの企画「夏の官能小説、この一冊」にて、
 真慈真雄先生の『僕は妹サマには逆らえない』が紹介されました。

 男の娘ブームを牽引する本作、4月から順調に売り伸ばしております。
 
 これを機会にぜひお手にとってみてください。

☆全国書店にて夏休みフェアも実施中☆

【2010年7月21日】

☆かーず先生、ありがとうごぜえますだ☆

うれしいですね。
かーずSPで
今月の美少女文庫が取り上げられました。
ライトHノベル全体がこれからどんどんと盛り上がっていければと思います。

http://www.karzusp.net/2010/07/19-205248.php

かーず先生曰く、水無瀬さんごは、エロいバカテス!
まさに欲しかった褒め言葉です。
バカとテストと~のような仕掛けがあります。
くわしくはぜひ一度立ち読んでみてください。

毎年こういう新人が登場すると非常に楽です。
これが連邦の白いやつの実力です。

まだ未読の読者はぜひぜひ、京都の天才学生作家・水無瀬さんご先生の実力を読んでみてください。
天才天才と連呼されてたぶんご本人は悶え死にそうでしょうが。

【2010年7月20日】

☆ワンピース×神保町☆

 本の町・神保町でワンピースのお祭りをやっていました。
 さすがワンピース、かなりの人手です!
 尾田栄一郎先生の生原稿をはじめ、見応えもあります。
 美少女文庫読者さんにはワンピース好きがどれだけいるかわかりませんが。
 ナミとチョッパーの写真を撮ってきました。
 あれ、なにか違う。

【2010年7月20日】

☆卍解!? アヘ顔見せちゃう! 鷹羽先生&鬼ノ仁先生☆

 さて今回はぜひ、
  アヘ顔見ないで! 先生はクールな退魔士
 に注目してください!
 今回、鷹羽シン&鬼ノ仁は見事、卍解いたしました。
 エロエロ自重なしです。
 ラノベ風エロなんて、甘ぬるいことを抜かしている奴の首を叩き斬るような斬魄刀が炸裂しております。(お前が言うな)

 ゲームで人気が出始めたアヘ顔がテーマ。
 もちろんこれに挑戦出来るのは、この鷹羽をおいていないでしょう。
 
 さあ、頼むぞ、鷹羽! ライトHノベルに新風を巻き起こしてくれ!

【2010年7月17日】

☆新人作家WEB番外編☆

 水無瀬さんご、初陣です。
 一年戦争におけるガンダム並みの活躍を期待しています。
 京都の学生なので学生さんにもぜひ読んでほしい。
 あったかい応援よろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (2)
  • 2016年8月 (8)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (4)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (4)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (3)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (4)
  • 2013年5月 (6)
  • 2013年4月 (15)
  • 2013年3月 (21)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (16)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (24)
  • 2012年10月 (15)
  • 2012年9月 (16)
  • 2012年8月 (13)
  • 2012年7月 (17)
  • 2012年6月 (20)
  • 2012年5月 (20)
  • 2012年4月 (21)
  • 2012年3月 (34)
  • 2012年2月 (34)
  • 2012年1月 (30)
  • 2011年12月 (25)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (20)
  • 2011年9月 (15)
  • 2011年8月 (19)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (35)
  • 2011年5月 (29)
  • 2011年4月 (39)
  • 2011年3月 (21)
  • 2011年2月 (26)
  • 2011年1月 (22)
  • 2010年12月 (28)
  • 2010年11月 (21)
  • 2010年10月 (25)
  • 2010年9月 (19)
  • 2010年8月 (17)
  • 2010年7月 (28)
  • 2010年6月 (22)
  • 2010年5月 (26)
  • 2010年4月 (29)
  • 2010年3月 (31)
  • 2010年2月 (20)
  • 2010年1月 (11)
  • 2009年12月 (18)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (19)
  • 2009年9月 (28)
  • 2009年8月 (17)
  • 2009年7月 (19)
  • 2009年6月 (19)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (8)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (13)
  • 2008年8月 (13)
  • 2008年7月 (13)
  • 2008年6月 (11)
  • 2008年5月 (12)
  • 2008年4月 (14)
  • 2008年3月 (13)
  • 2008年2月 (19)
  • 2008年1月 (14)
  • 2007年12月 (18)
  • 2007年11月 (22)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年9月 (17)
  • 2007年8月 (26)
  • 検索