【2010年12月28日】

☆2010年ラインナップ☆

『お嬢様メイドはヴァンパイア!?』 七海ユウリ/ひなたもも
『カワイイお兄ちゃんなんて大キライ!』 橘真児/ごまさとし
『三姉妹と調教対決! 勝ったら弟にしてあげる』 あすなゆう/或十せねか
『ミルクたっぷり水泳部』 鳥居神楽/白猫参謀
『月下の巫女』 わかつきひかる/CARNELIAN
『乙女の園を独り占め!』 上原りょう/ひよひよ
『お嬢様☆メイド化計画』 山口陽/YUKIRIN
『先生サマの飼育係』 羽沢向一/有子瑶一
『駄メイドのご主人様になってください』 河里一伸/神無月ねむ
『お嬢様姉妹はW嫁!』 青橋由高/HIMA
『ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM』 葉原鉄/あきら
『どれちょ! 生徒会ドレイちょーきょー』 巽飛呂彦/ごまさとし
『僕は妹サマには逆らえない』 真慈真雄/有末つかさ
『My姫 なごみ』 わかつきひかる/みやま零
『同級生は、のーぱんちゅ』 遠野渚/みさくらなんこつ
『お嬢様は白いのがトコトンお好き!?』 鷹羽シン/鬼ノ仁
『センセイは俺の嫁!?』 みかづき紅月/七瀬葵
『さいみん生徒会』 七海ユウリ/YUKIRIN
『妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い!』 青橋由高/天河慊人
『姉妹丼でいこう!』 山口陽/田宮秋人
『お姉ちゃんを×ませて』 上原りょう/神無月ねむ
『本日開店! くノ一喫茶』 あすなゆう/亜方逸樹
『ツンマゾ!!! M姫様の戴冠』 葉原鉄/あきら
『お姉ちゃんは3歳児!?』 巽飛呂彦/ごまさとし
『妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた』 遠野渚/安藤智也
『お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手!』 水無瀬さんご/犬洞あん
『妹はアンバランス』 わかつきひかる/ひなたもも
『放課後子づくりクラブ』 河里一伸/有子瑶一
『アヘ顔見ないで! 先生はクールな退魔士』 鷹羽シン/鬼ノ仁
『は~れ部創立! 新入部員(嫁)募集』 月乃御伽/羽純りお
『トリプル押しかけメイド妻』 青橋由高/有末つかさ
『上等! 生徒会長サマの花道』 上原りょう/仁村有志
『縛って愛してお嬢様!』 山口陽/YUKIRIN
『このたび妹と結婚しました。』 橘真児/稲垣みいこ
『お姉ちゃんだって痴女になれるもん!』 古田航太/蓮見江蘭
『生徒会長を脱がそう!』 羽沢向一/神無月ねむ
『サムライガールは俺の嫁!?』 みかづき紅月/七瀬
『My姫 プリンセスの休日』
 わかつきひかる/みやま零
『お嬢様のメイドは男の娘!』 天野都/龍牙翔
『生徒会長はエロゲー好き』 巽飛呂彦/ごまさとし
『私立お嫁さま学園』 河里一伸/せせなやう
『妹ぺろぺろ』 鷹羽シン/成瀬守
『お姉ちゃんが食べちゃうぞ がお!』 田沼淳一/しぐにゃん
『ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願』 葉原鉄/あきら
『シュラバババ!! 生徒会長VS幼なじみ』 山口陽/有末つかさ
『残念お嬢様には俺しかいない』 遠野渚/みさくらなんこつ
『妹☆ぼてちゅ』 上原りょう/神無月ねむ

【2010年12月28日】

☆本年もありがとうございました☆

本を取り巻く世界は、日に日に厳しさが増しています。
作家、イラストレーター……彼ら作り手を支える者の一人として、忸怩たる思いに駆られることが多かった一年です。

それでも、
皆さんのおかげで、こうしてもう一年、美少女文庫をつづけることができました。

一年を終えるあたり、まずはなにより読者の皆さんに心から感謝を申し上げます。

本当に今年一年も美少女文庫を応援していただき、

ありがとうございました!
来年もご期待に添えますよう、一生懸命頑張ります。

【2010年12月27日】

☆美少女文庫2010 10-12月☆

おかげさまで弊社の営業も明日の28日で終わりです。
美少女文庫、10月から12月を振り返ります。

10月は『サムライガールは俺の嫁!?』に注目。
ラノベでもヒット作が連発のみかづき紅月先生の今年の代表作と言えるでしょう。
来年早々、野心作が出ますので、それを楽しみにしながら、まずは本作を。
イラストの七瀬葵先生は冬コミに参加されるみたいです。
長い列のお供にもお使いください。

11月は鷹羽シン先生、『妹ぺろぺろ』。
あずにゃんぺろぺろブームにのっかって、アキバブログでも話題になり、一皮剥けた感じがいたします。
今月の新刊として、鷹羽先生はフランス書院にも進出。
作家買いが増えたようが気がします。

黒本進出といえば、この人も忘れてはいけません。
上原りょう先生。
すでにフランス書院の先発エースとなりました。
12月新刊として登場したのが『妹ぼてちゅ』です。
神無月ねむ先生のサービスイラストもふんだんで、力が入っております。

こうして見ると、本当に美少女文庫は層が厚くなりました。
もちろん、これに満足することなく、さらに高みを目指していきます。

出版的には水嶋ヒロさんの『KAGEROU』が出ましたが、果たしてちゃんと続くのか。
社会的ニュースとしては、尖閣問題が上げられる冬だったと思います。

【2010年12月24日】

☆平日、いかがお過ごしでしょうか☆

天皇陛下のご誕生日の翌日、という「平日」を皆さん、いかがお過ごしでしょう。
昨日はブログ執筆を頑張って3本も書いてしまいました。

今夜、時間のあるひとはぜひ美少女文庫でも読んでみてください。
きっと、私たちのこと、ヒマだと思います。(編集Mは、ペットな彼女の新刊と仏上原でも読みます)

12月3点はもちろん、11月新刊もおススメです。
ケンタッキーでも食べながら。

【2010年12月23日】

☆シュラバババ!!は修羅場満載☆

 地方に配本が行き渡り、まさに初動が決まる今がまさに本番。
『シュラバババ!!』のキャラ紹介です。

猿渡 清香(さるわたり きよか)
 正隆のクラスメイトで生徒会長だけど、仕事しないワガママお嬢様。

犬塚 綾芽(いぬづか あやめ)
 世話焼き幼なじみ系で、副生徒会長で仕事ができる女の子。

 中身はずばり、仲の悪い女の子ふたりからの取り合いエッチ!

 有末イラストはやっぱ、ええなぁ。

【2010年12月23日】

☆妹ぼてちゅはサービス満点☆

 フランス書院文庫も配本されました、上原りょう。
 美少女文庫の最新刊は『妹ぼてちゅ』です。
 今回、『妹ぼてちゅ』には秘密のサービスがついています。
(秘密ではなく、どんどんネットとか呟いて欲しいのですが)

 それは、スタイル変化が一目でわかる神無月ねむ先生の立ち絵イラスト。
 ゲームではお馴染みの立ち絵ですが、ちょっとワガママを言って追加で描いていただきました。
 お腹がおっきくなっていく様子もわかる優れもの。

 美少女文庫はサービス向上を目指しておりますので、ぜひぜひ未読の方はお付き合いくださいませ。

 実際の画像はコメントとスリーサイズが入っています。

【2010年12月23日】

☆in 信長書店 日本橋☆

フランス書院文庫もたいへんよく売ってくださっているお店ですが。
大阪日本橋の信長書店から嬉しい画像をいただきました。

下のように美少女文庫は最恵国待遇を受けさせて頂いております。
ぜひ大阪市民の皆さんは何かの折に立ち寄ってみてください。

よく見ると、孤高の編集者というPOPが見えます。
照れくさく、こっぱずかしいのですが。

追伸
美少女文庫をいっぱい売ってくださっている書店さんで、
ウチも負けないぜ、黒猫通信で紹介してくれ、という方がいましたら、
ぜひご連絡をくださいませ。
画像付きだと嬉しいです。
来年は書店、復権の一年でまいりましょう!

【2010年12月22日】

☆ナンバーワンフェア実施中!☆

全国主要書店さまにて、
美少女文庫ナンバーワンフェアがはじまりました。

ハーレム作品№1
 橘真児/ごまさとし『いもうと温泉!』
萌えラブ作品№1 
 巽飛呂彦/神無月ねむ『生徒会長サマは放課後M!?』
えすかれ作品№1
 遠野渚/みさくらなんこつ『ウチの妹がここまでMなわけがない』

 美少女文庫を始めたくても何から読んでいいのかわからない方はぜひ。

【2010年12月22日】

☆12月もいよいよ本番☆

 中部、九州、東北のチェーンにも並びはじめたようで、いよいよ本番です。
 12月新刊のお話です。
 年賀状の〆切を意識するなか、ここから本番なんです。
 東京にお住まいの人、アキバ通いの人にはずれて聞こえるかもしれませんが、出版というのはそういう仕事です。
 さあ、頼む。
 3点とも全部売れてくれ。 

【2010年12月21日】

☆美少女文庫2010年 7-9月☆

残り10日、今年も本当に終わりです。
7月から9月を振り返ろうと思います。
今年は本当に暑かった。
冬コミに行かれる方は夏よりはマシだと思いますが、お体に本当にお気をつけください。
長いコミケの列のお供にぜひ美少女文庫を

7月、印象に残ったのは、
水無瀬さんご『お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手!』。
これ以降、3か月連続で新人がデビューしました。
月乃御伽、古田航太。
来年もぜひぜひこの3人にはご注目ください。

8月は、『トリプル押しかけメイド妻』青橋由高。
毒舌天才・ゆららをはじめ、魅力的なメイドたちとハーレム生活。
今年度の美少女文庫を代表する作品です。
ぜひ冬休みの課題図書に。

9月は、羽沢向一の『生徒会長を脱がそう!』。
脱衣ギャンブルがテーマという、ライトHノベルの中でも珍しい一作。
エロエロパワーが前面に出ています。
次回作も準備中ですが、羽沢向一は絶好調のようです。

暑さばかり思いだされる7月‐9月ですが、
社会的には、100歳以上の老人の所在不明という問題が起きました。
もうこのニュースに対する記憶があいまいになっており、年金問題と合わせて、ちょっとわたしら健忘症なのかもしれません。

出版業界としては、規模の小さいニュースかもしれませんが、
弊社からも近かったミステリー本書店『深夜プラス1』が閉店してしまいました。
どうも業界ニュースは残念な話題ばかりです。
どうせ残念なら『残念お嬢様』みたいに可愛い残念ならいいのですが。

最新記事

月別アーカイブ

  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (2)
  • 2016年8月 (8)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (4)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (4)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (3)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (4)
  • 2013年5月 (6)
  • 2013年4月 (15)
  • 2013年3月 (21)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (16)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (24)
  • 2012年10月 (15)
  • 2012年9月 (16)
  • 2012年8月 (13)
  • 2012年7月 (17)
  • 2012年6月 (20)
  • 2012年5月 (20)
  • 2012年4月 (21)
  • 2012年3月 (34)
  • 2012年2月 (34)
  • 2012年1月 (30)
  • 2011年12月 (25)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (20)
  • 2011年9月 (15)
  • 2011年8月 (19)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (35)
  • 2011年5月 (29)
  • 2011年4月 (39)
  • 2011年3月 (21)
  • 2011年2月 (26)
  • 2011年1月 (22)
  • 2010年12月 (28)
  • 2010年11月 (21)
  • 2010年10月 (25)
  • 2010年9月 (19)
  • 2010年8月 (17)
  • 2010年7月 (28)
  • 2010年6月 (22)
  • 2010年5月 (26)
  • 2010年4月 (29)
  • 2010年3月 (31)
  • 2010年2月 (20)
  • 2010年1月 (11)
  • 2009年12月 (18)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (19)
  • 2009年9月 (28)
  • 2009年8月 (17)
  • 2009年7月 (19)
  • 2009年6月 (19)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (8)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (13)
  • 2008年8月 (13)
  • 2008年7月 (13)
  • 2008年6月 (11)
  • 2008年5月 (12)
  • 2008年4月 (14)
  • 2008年3月 (13)
  • 2008年2月 (19)
  • 2008年1月 (14)
  • 2007年12月 (18)
  • 2007年11月 (22)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年9月 (17)
  • 2007年8月 (26)
  • 検索