【2011年4月21日】

☆秋月耕太『没メイド』の紹介☆

昨日は上原りょう『初恋姉妹 どっちの胸が好き?』を紹介しました。
本日は秋月耕太の『没落したけど、メイドがいる!』の紹介です。
(明日はいよいよ橘真児の『妹は温泉女将!』のご紹介)

没メイドは、本格アマアマメイドものです。
結果として久しぶりの本格的なメイド作品となりました。

ご奉仕ハーレムが好きな紳士諸氏には心から楽しめる作品になっています。

黒本も含めて、甘え誘惑に定評のある秋月先生。
期待は絶対裏切りません。

【2011年4月20日】

☆キャラ紹介☆

藤堂真琴(とうどう まこと) 

学園二年。生徒会長。帰国子女。
ツンドラと呼ばれる冷静沈着少女。
感情を表にあまり出さず、淡々と、されど完璧さでもってあらゆる物事に臨む。
完全無欠のクールビューティーぷりや、颯爽とした身のこなしで、学園一の人気を誇る。
しかし実はとても口べたで、赤面症ぎみ。かなりのやきもち妬き。

(外見)
身長165センチ。
ロングヘア。鋭さをもった切れ長の瞳。
着痩せするタイプだが、中身は非常にグラマラス。
B93 W57  H85

「鼻伸びてるわね。由宇にいったい何をしてもらったのよ。その何十倍も私が気持ちよくしてあげるんだから……」

藤堂由宇(とうどう ゆう)
学園一年。真琴の妹。 
年下なのに、母性愛にあふれるほど穏やかで和やかなムードを醸し出す、おっとり少女。家事万能。
気が弱いと思われがちだが、これと見定めたら一直線で頑固一徹。
星占い好きの夢見がちな少女(白馬の王子さまが迎えにくると信じている)。

(外見)
身長150センチ。
アーモンド型の瞳。セミロング。
B88 W60 H85

「おねえちゃんには負けません! ユゥーイチさんは初ちゅー相手なんですからね!」

【2011年4月20日】

☆上原りょう、初恋姉妹☆

プロローグ&第一章も公開中です。
(本編と少し違っていますので、ご注目ください)
さらにイラストカードやSSペーパーなど、特典ももりだくさんです。

気持ちは瞬殺狙いですので、ぜひ今日明日にはゲットしてください。(気持ちはね)

テーマは姉妹競争&おっぱいおっぱい。
ツンツンおっぱい姉とやわらか巨乳妹の勝負です。
4月ラインナップのなかでもかなりエロエロです。

イラストは神無月ねむ。
『妹ぼてちゅ』、『お姉ちゃんを×ませて』につづくコンビです。
ぜひこちらもよろしくお願いしますだ。

【2011年4月19日】

☆大胆にもキャラ紹介☆

・今泉 徹(いまいずみ とおる)
 主人公。
 生来女性とお付き合いした経験はなく、いつか訪れるであろう初体験のために、性行為の知識だけは豊富に蓄えている。
 順応力が高く、どんな状況でも目一杯楽しむ事を心がけている。
 ある日突然魔界に召喚されるものの、女運のない元の世界よりも相手が魔族だろうと美人であれば構わないと、進んで自分の置かれた立場を受け入れる。
 一見すると平凡な人間にしか見えなかったが、魔界で開発された生殖能力や射精力を計ることができる計器では桁外れの数値を叩き出し、他を圧倒。
 周囲から一目置かれる存在になる。
 射精力は18万だったが、魔界に召喚されたことによる環境の変化と相まって、更に上昇していくことになる。
 一人称:俺

・エミリア・キングダム
 徹を魔界に召喚した張本人。
 先代魔王を倒した魔界最強の実力者で、若くして魔王の座に君臨しているグラマラスな女性。
 基本的には自分が愉しむことだけを考えており、面倒事が嫌い。
 自分が興味のない政は全て部下に丸投げし、一切干渉しようとしない。
 魔王の地位そのものにもそれほど関心はなく、先代の魔王と戦った理由も単純に自分の力を試し、尚且つ魔王と戦ってみたかったから。
 その結果、エミリアの力に惹かれた魔族たちが集まり、現在に至っているだけ。
 戦うことは好きなのだが、それは相手が強者に限った場合であって、大した実力もない者は相手にする気も起きない。
 自分が愉しむことが一番の目的であり、元来魔王になるつもりなどなかったこともあり、別段人間界に攻め込む意志はない。
 それでも、魔王という存在は人間にとっては脅威であり、いつしか人間側から魔王討伐のために勇者が立ち上がる。
 最近勢力を増しつつある勇者側の勇者以外には興味がない。それ以外の相手が面倒で、対抗するためにより屈強な魔族を募る。
 しかし御眼鏡にかなう人材は現れない。
 数で勢力増強を図るよりも一騎当千の実力者を好んでおり、いないのであれば自らが産み出せばいいという結論に至る。
 魔王の子供ともなれば相当の実力が期待できるため、魔王軍内だけでなく異世界からも生殖能力に長けた人物を召喚することにする。
 セックスはとにかく子作りのための行為だと考えており、快感などは二の次だと考えていた。
 もとよりセックスに関心がなかったこともあり、初めて経験したセックスの快感が異様なほどに鮮烈で、次第にのめり込んでいく。
 一人称:余

?

【2011年4月19日】

☆まずは山口から勝負しようじゃなイカ☆

というわけで、いよいよ本番です。
まずは、山口陽『魔王と子づくり』をご紹介。

山口陽先生、今回、たいへん頑張りました。
報いられてほしいなと思います!
今回、本作は異常に売れて欲しいと思っています!

『お嬢様☆お世継ぎ計画』から始まった、孕ませジャンル。
これが本家という技を見せてくれました!
今見たら、プロットを10回ぐらい出し直しておりました……この鬼!

画像は魔王・エミリアです。

【2011年4月18日】

☆春アニメ、緋弾のアリアはよかったね☆

美少女文庫は、『緋弾のアリア』を応援しています(下心いっぱいで)
こぶいち先生にまたイラストをお願いしたいな。
?(´・ω・`)

【2011年4月18日】

☆4月刊行、配本確認☆

4月刊行、首都圏には配本されました。
ぜひ書店に向かってください。

『妹は温泉女将!』橘真児/稲垣みいこ
『没落したけどメイドがいる!』秋月耕太/有子瑶一
『初恋姉妹 どっちの胸が好き?』上原りょう/神無月ねむ
えすかれシリーズ
『魔王と子づくり』山口陽/あいざわひろし

?

追伸
Twitterの設定などよくわからないのですが。
これは、マンガ家の風華チルヲ先生が美少女文庫を読まれていると解釈してよいのでしょうか。
http://twitter.com/chiruwo3/status/59117762110435328
以前にも、風華先生が美少女文庫を読んだ、と呟いておられたようでして。

好きな姉四コママンガ家なので、ちょっと、いや、かなり嬉しいです。

【2011年4月15日】

☆避難所にマンガを送ろう☆

マンガナイト様主催にて、
4/17(日)原宿にて、マンガに持ち寄るイベントがあるそうです。
http://manganight.com/
ちょいといい企画だと思いましたので紹介です。

美少女文庫読者にとって、週末の原宿なんて、自分ちの庭みたいなものだと思います。
(編集Mは、たぶん人生において原宿なんて行ったことがない。
秋葉原? サンボの牛丼がいちばん美味しいよね!)

なにはともあれ、美少女文庫読者で興味を持っていただけた方にはぜひご協力いただければと思います。

(ひとつだけご注意を。
みさくらなんこつを持っていくんじゃないぞ。らめぇぇ絶対!)

【2011年4月15日】

☆4月新刊配本です 3月新刊も勝負です☆

本日配本日です。
首都圏では明日ぐらいから並びます。
一部地域ではまだ配本が乱れるかもしれません。

3月新刊ともどもよろしくお願いします。
(書店様へ まだ3月新刊も返さないですね)

【2011年4月14日】

☆橘真児の温泉妹☆

橘真児の代表作といえば、
『いもうと温泉』。
これを越える代表作が登場です。

『いもうと温泉』は『いもうと祭り』、『いもうと水着』に連なる人気シリーズでした。
4月刊行はちょっとそれに近い作品かもしれません。
否、それをパワーアップさせた作品です。
(もちろん、小○生ズも登場します!)

生き別れの実妹と、けなげな義妹、そしておにいちゃんに憧れるライバル女将。
ハーレムで楽しむのが温泉混浴!

絶対、期待は裏切りません。

最新記事

月別アーカイブ

  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (1)
  • 2019年9月 (1)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (1)
  • 2019年5月 (1)
  • 2019年4月 (1)
  • 2019年3月 (6)
  • 2019年2月 (4)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (4)
  • 2018年10月 (4)
  • 2018年9月 (3)
  • 2018年8月 (3)
  • 2018年7月 (4)
  • 2018年6月 (6)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (3)
  • 2018年3月 (3)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (2)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (1)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (1)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (2)
  • 2016年8月 (6)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (1)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (3)
  • 2015年9月 (2)
  • 2015年8月 (2)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (4)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (4)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (3)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (4)
  • 2013年5月 (6)
  • 2013年4月 (15)
  • 2013年3月 (21)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (16)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (24)
  • 2012年10月 (15)
  • 2012年9月 (16)
  • 2012年8月 (13)
  • 2012年7月 (17)
  • 2012年6月 (20)
  • 2012年5月 (20)
  • 2012年4月 (21)
  • 2012年3月 (34)
  • 2012年2月 (34)
  • 2012年1月 (30)
  • 2011年12月 (25)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (20)
  • 2011年9月 (15)
  • 2011年8月 (19)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (35)
  • 2011年5月 (29)
  • 2011年4月 (39)
  • 2011年3月 (21)
  • 2011年2月 (26)
  • 2011年1月 (22)
  • 2010年12月 (28)
  • 2010年11月 (21)
  • 2010年10月 (25)
  • 2010年9月 (19)
  • 2010年8月 (17)
  • 2010年7月 (28)
  • 2010年6月 (22)
  • 2010年5月 (26)
  • 2010年4月 (29)
  • 2010年3月 (31)
  • 2010年2月 (20)
  • 2010年1月 (11)
  • 2009年12月 (18)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (19)
  • 2009年9月 (28)
  • 2009年8月 (17)
  • 2009年7月 (19)
  • 2009年6月 (19)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (8)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (13)
  • 2008年8月 (13)
  • 2008年7月 (13)
  • 2008年6月 (11)
  • 2008年5月 (12)
  • 2008年4月 (14)
  • 2008年3月 (13)
  • 2008年2月 (19)
  • 2008年1月 (14)
  • 2007年12月 (18)
  • 2007年11月 (22)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年9月 (17)
  • 2007年8月 (26)
  • 検索