【2018年7月12日】

吸血姫(おねえちゃん)は弟(ボク)に恋してる出だし先行公開!


「哀れよ」
美しい少女の、けれど喩えようのない穢れた声がつぶやいた。
しかし何故なのか、不思議とそこにはひと滴の清水のように透明な、それでいて哀切な情感がにじむ。
「――」
その声に応えて、幼い男の子は手を伸ばし、声を……ああしかし、そののどには深々と、引き千切られて鋭く延された金属の破片が突き刺さり、声になるはずの呼吸は喉笛を震わすことなく、ひゅうひゅうと傷口の隙間から漏れ出していた。
「……まだ、妾を試されるおつもりか? 主よ」
渦巻く紅蓮の炎の中で、彼女は凍りついたように蒼白かった。その黒髪のひと筋に至るまで、燃え上がる火焔が焦がすことをすら一切許さぬほどに。
その一方で、男の子の四肢はずたずたに裂け、恐らくは意識もろくに残ってはいないだろう。それでも、唯一動かせるであろう腕を、彼女に向かってよろよろと伸ばしてくる。

「……無理に声は出さなくていいの、あおくん」
それまでの声とは打って変わって、幼く、優しい少女の声が、少年の耳に届く。
――おねえちゃん。
霞む視界のその向こうで、幼い男の子は、彼女が優しく、いつものように微笑ってくれた……そんな風に感じられた。
「ゆっくりと眼を閉じて。あとは全部、まりやお姉ちゃんに任せて……さあ」
その優しさは、不思議と夜闇を、そして仄暗く温かな土の匂いを思わせて――それはまるで神そのものにも、あるいは死臭そのものであるようにも感じられたが。
――おねえちゃん。
幼い男の子は、そっと握られる手の感触に、ただそれを絶対に離したくないと……ただそれだけを強く願って。
かすれかけた意識を、最後には手放してしまったのだった。

――サウスヴェルタ航空725便、墜落事故。
ティンシェル国際空港を離陸直後、725便は直前に離陸した航空機の後方乱気流に遭遇し、その際に操縦を誤って機体が損傷、墜落した。
乗客乗員235名が死亡。また、墜落地周辺では大規模な火災が発生し、住宅8棟が全焼、周辺の住民2名が死亡し、10名以上が負傷した。
乗員のうち、無事だったのは少年と少女のたった2名。死亡した乗客の中には、この生き残った少年の両親も含まれていた――。

「だいじょうぶ? 青くん」
「うん……」
少女に手をつながれて、少年は家路を辿る。
「さあ、帰ってきたわ。青くん」
「うん……」
少年は、ただそれしか答えることが出来なかった。
――仕方のないところだ、と少女も思う。
母親も、そして父親も事故でいちどきに喪った。そうすぐに元気になれるものでもないだろう。
「今日からは、わたしが、ほんとうのお姉ちゃんになってあげるから。だから元気になってね……青くん」
「……おねえちゃん」
優しく抱きしめられて、青の瞳からは、ぽろりと涙がこぼれ落ちる。
それが、真理夜と青、二人の生活の始まりであった……。

最新記事

月別アーカイブ

  • 2018年11月 (4)
  • 2018年10月 (4)
  • 2018年9月 (3)
  • 2018年8月 (3)
  • 2018年7月 (4)
  • 2018年6月 (6)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (3)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (5)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (4)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (2)
  • 2016年8月 (8)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (4)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (4)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (3)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (1)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (2)
  • 2013年6月 (4)
  • 2013年5月 (6)
  • 2013年4月 (15)
  • 2013年3月 (21)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (16)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (24)
  • 2012年10月 (15)
  • 2012年9月 (16)
  • 2012年8月 (13)
  • 2012年7月 (17)
  • 2012年6月 (20)
  • 2012年5月 (20)
  • 2012年4月 (21)
  • 2012年3月 (34)
  • 2012年2月 (34)
  • 2012年1月 (30)
  • 2011年12月 (25)
  • 2011年11月 (19)
  • 2011年10月 (20)
  • 2011年9月 (15)
  • 2011年8月 (19)
  • 2011年7月 (19)
  • 2011年6月 (35)
  • 2011年5月 (29)
  • 2011年4月 (39)
  • 2011年3月 (21)
  • 2011年2月 (26)
  • 2011年1月 (22)
  • 2010年12月 (28)
  • 2010年11月 (21)
  • 2010年10月 (25)
  • 2010年9月 (19)
  • 2010年8月 (17)
  • 2010年7月 (28)
  • 2010年6月 (22)
  • 2010年5月 (26)
  • 2010年4月 (29)
  • 2010年3月 (31)
  • 2010年2月 (20)
  • 2010年1月 (11)
  • 2009年12月 (18)
  • 2009年11月 (20)
  • 2009年10月 (19)
  • 2009年9月 (28)
  • 2009年8月 (17)
  • 2009年7月 (19)
  • 2009年6月 (19)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (8)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (13)
  • 2008年8月 (13)
  • 2008年7月 (13)
  • 2008年6月 (11)
  • 2008年5月 (12)
  • 2008年4月 (14)
  • 2008年3月 (13)
  • 2008年2月 (19)
  • 2008年1月 (14)
  • 2007年12月 (18)
  • 2007年11月 (22)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年9月 (17)
  • 2007年8月 (26)
  • 検索