新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹は兄専用。

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:667円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
お兄ちゃんのバカバカ、このド変態!
深愛はオレ専用ペットだなんて冗談は死んでから言いなさい!  
お尻の処女を奪われて、涙目で初体験をせがんだぐらいで、モノにしたと思わないで!
ぜ~んぶ、私をイカせまくる《マジカルハンド》のせいなんだから!  
深愛は、お兄ちゃん専用じゃないからね!
立ち読み
☆前より先に後ろから☆
「約束だからな、深愛のヴァージンアナル……もらうぞ」
  宣言してから冬弥がゆっくりと腰を前に出せば、深愛はヒクヒクと痙攣しながら奥へと受け入れていく。
  ヒクッ、ヒクッと痙攣して、深愛が切なそうに冬弥を見つめる。
「感じるのか?  入り口をされると感じるのか?」
  深愛は半開きにした唇から舌をはみ出させ、われを忘れて表情で、お兄ちゃんをじっと見つめ、カクカクとうなずいた。
「イッ、イッちゃうの……深愛、お尻の穴で、お尻の穴でイッちゃうの……お兄ちゃん、深愛を見ないで、お尻の穴でイッちゃう深愛を、みな……みない……あっ」
「ンームムム……ンッ、ンッ、ンンンーーーッ!!」
  地鳴りのような低いうめきが、この華奢な中三少女からあがった。
  それは冬弥も驚かされるほど派手なアクメだった。
  キリキリとペニスを締めつけ、吸いあげるアヌスからの快感に、歯を食いしばって耐えた冬弥は、うっとりと余韻に浸って、半眼になっている深愛にささやく。
「深愛がこんなにお尻で感じるなんて、予想以上だ。次は奥まで入るぞ。いきんでお尻の穴を開くんだ……」
  ささやかれるままに、深愛はこくりとうなずいて、顔を真っ赤にして息んだ。
  ふわりと肛門が花開いた。
  ヌルリ、アヌスは柔軟に冬弥のペニスを呑みこんだ。
  そのとき、深愛の腰がくねくね動きはじめた。
  それは深愛も意識していない行動だ。
「エッチな腰使いだな深愛……」
  ささやかれて、深愛は、し、してないもん……と唇を動かし、首を振った。
  でも腰は動きをとめず、ペニスをヌルヌルと呑みこんでいった。
  入りこんだ先で、冬弥は亀頭上にコリッとした感触を感じた。
  深愛の子宮口だ!!
  ビクン!!  半分意識を飛ばしたままの深愛が、はっとわれに返って痙攣した。
「お、お兄ちゃん、お兄ちゃんっ!!  しょ、しょこっ、しょこぉおおおおおっ!!」
  背中にしがみつき、肩にかみついて深愛が叫んだ。
「こ、ここだな、ここがいいんだな深愛」
「しょ、しょこ、しょこなに?  なに?  深愛、お兄ちゃんにそこツンツンされて、おかしくにゃるぅううううっ!!」
  ブルブルーッとわなないて、焦点の合わない視線を虚空に飛ばした。
  完全に極まってしまった状態だ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧