新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹の美羽が全部シテあげる!

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:695円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 妹相手に欲情するなんて、この変態!
お兄ちゃんはオナニー禁止! 射精も
禁止!……で、でも、どうしてもって
言うのなら、美羽が手でシテあげる!
えっ、フェラもパイズリも? 縄で縛
ってイジメたい? 変態変態変態ッ!
もぉ! オモチャになって、お尻も処
女もあげるから、美羽以外はH禁止!
ジャンル:
萌え | | 純愛 | 調教 | ツンデレ
立ち読み
 ☆小指の約束☆
「はううっ、お兄ちゃんっ、だめええっ! はあっ、あ、ああっ……美羽が妊娠しちゃっても平気なのっ……!? 妹に赤ちゃんできちゃったらどうするのっ……!?」
「そうなったら、駆け落ちでもなんでもしてやるさっ! とにかく美羽は一生離さないからなっ……!」
 秀明は叫びながら絶頂に到達し、膣内で肉竿が一際大きく打ち震えた。その瞬間、美羽は秀明を引き寄せ、力いっぱいに歓声を張り上げた。
「ああっ……だったら出してっ、お兄ちゃんっ! 美羽のおま×こにっ……いっぱいっ、精子注いでえええっ……!」
 美羽が叫んだ時には、すでに秀明の迸りは解き放たれていた。蠢く粘膜に熱い精液が撒き散らされ、オルガスムスの痙攣が再び美羽を揺るがせた。
「あ、はあっ、お兄ちゃんの精子がっ……いっぱいっ……ドクドクって……! はうっ、ま、またっ……イっちゃうううううううーーーっ……!」
 兄妹は身を重ねたままで、しばしの間、共にエクスタシーの中を漂った。
 秀明は妹を力いっぱい抱きしめて、精子を残らず絞り出す。やがて、最後の一滴が美羽の膣内に染みこんで、二人の体から一斉に緊張が抜け落ちた。
「はっ……はあっ……お兄ちゃん、美羽……イっちゃった……」
「はあ、はあっ……ああ、俺も……」
 兄妹は汗まみれの体で抱き合って、身動きもできないままに息を荒げ合た。
 秀明は疲労と射精後の虚脱感に蝕まれながらも、不思議な充足感を味わっていた。
(もう、さすがに限界……いったい今日、俺はは何発射精したんだ? それにしても、俺、本当に妹の膣内に射精しちゃったんだなぁ……)
 今頃になって覚めた認識が秀明の心に浮かんで来た。無論、秀明には後悔はない。しかし、最後の瞬間までまったく迷いを感じなかったのは、美羽の演技に乗せられてしまったのが原因だったように思えてならなかった。
(もしかして、俺、美羽に乗せられたのかな……? だとしたら、我が妹ながら恐ろしい奴……)
 秀明はちらっと美羽を窺ってみた。すると、美羽も疲労が限界なのか、秀明にぐったりと身を預け、秀明の顔をはにかんだ笑顔で見つめていた。
「はあっ……はあっ……美羽、これでお口も、お尻も、おま×こも全部の場所に精子を注がれちゃった……。これで、もう、美羽はお兄ちゃんのオモチャだよ?」
「美羽……」
「約束だからね? もう一生、美羽を手放すのは禁止だよ?」
 美羽が秀明に小指を差し出した。秀明は了解の印に指を絡めてキスをした。
 いつしか、美羽の膣内から肉棒が抜け、精子の入り混じった愛液がとろとろと逆流し続けていた。
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧