新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ツンツンお嬢様のデレ嫁修業

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:667円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 執事の智也に命じられたのはお嬢様・
斑鳩咲耶とのHな花嫁修業のお相手!?
ほんとはフェラなんかしたくないんだ
からねッ! 私の処女をもらえたぐら
いで調子に乗らないでッ! 勘違いし
ないでよ、家のためなんだからねッ!
素直じゃないツンツンお嬢様をメロメ
ロ絶頂&ドロドロ射精でデレさせて!
立ち読み
☆ツンツン咲耶のフェラ修業☆
ついには口でペニスを咥えこむ。
(お……大きい。これ……口が裂けちゃいそう。でも……もっと……もっと奥まで)
 小さな咲耶の口に対して肉棒はあまりに大きかった。けれども限界以上に口を開き、喉奥まで肉槍を咥えこんでいく。
「おっご……もぼぉおお……」
(く……苦しい。でも……)
 肉茎で息をつまらせつつ、上目遣いで智也の様子を観察する。
「あああ」
(感じてる。智也が感じてるから……。頑張らなくちゃ!)
 幼なじみが性感を覚えていることは間違いない。であるのならばここで中断するわけにはいかなかった。
「おっぶ……ぶじゅっ! もっぼ! ぼもっ! もっぼもっぼもっぼもっぼ!」
 聡子がなにをどうしていたのかを必死に思い出しながら、肉棒を咥えた頭を前後に振る。口唇を窄めて肉茎を締め上げながら、口腔全体でペニスを愛撫した。
 大きすぎる肉槍が蠢くたび、口端からは唾液が溢れ出る。喉奥に亀頭が当たるたび、息苦しさから眦には涙が浮かんだ。それでも咲耶はフェラチオを中断せず、滅茶苦茶に舌を動かしながら、頬を窄めて「んじゅるるる」と肉棒を啜った。
「うっく……これ……あああ」
(智也……凄く気持ちよさそう……)
 感じている姿を見ているとそれだけで嬉しくなってくる。自然肉棒を扱く動きも激しさを増していった。
 おかげで肉棒はより口内で大きくなっていく。
 だが、それでも――
(まだ? まだ射精しないの?)
 射精させることはできずにいた。
(どうしよう? 一体どうすればいいんだろう?)
 それがわからない。
「お嬢様……もっと智也くんを感じさせる方法を教えてあげますね」
 すると聡子がニコニコと笑いながら、ボソボソと耳元でアドバイスしてくれる。
「ふぇっ!? しょ……しょんなころれきなひ……」
 教えてくれた方法は、咲耶が今まで考えもつかなかったものであり、はいそうですかと簡単に受け入れることはできないくらい恥ずかしいものだった。
「これも花嫁には必須の技術ですよ。それに……智也くんをもっと気持ちよくさせたくはないんですか?」
 とはいえ、そう言われてしまえば――
「ふぁ……ふぁかっら……ひゃる……。ひゃればいいんれひょ」
 頷かざるを得なかった。
 
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧