新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

闘技場の戦姫

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 戦いの女神の申し子・スカーレットは
大国に囚われ、剣闘士奴隷に堕とされ
ていた……哀れな戦姫を祖国へ届ける
ため、配達人グスタフが挑む決死の逃
避行! 高嶺の華が捧げるバージン!
身分を偽っての娼婦奉仕! 胸で唇で
お尻で──いつしか戦姫は恋ドレイへ。
「お願い、私を幸せな未来に運んで!」
立ち読み
☆戦姫を娼婦のように☆
グスタフは、スカーレットを突きあげながら、廊下で起こる物音を聞いていた。
 たくさんの足音に剣鞘の鳴る音、マダムのおろおろした声と、ゲストチェックを告げる役人の声、投宿客の迷惑そうな声が重なる。
 ――スカーレットを探しに来たんだな。
 興奮にヒートアップしていた脳裏が、一気に冷静になった。
 スカーレットのペンダントトップを背中に回す。そして、奥をえぐるように突きあげて、彼女に悲鳴をあげさせた。
「あぁっ、か、感じるっ、いいっ、いいのぉっ」
 ドアが開き、ベルヌーブの鷲の紋章の鎧を着た兵が声をあげた。
「ゲストチェックである。十七歳ぐらいの貴族の姫を探している」
 バスルームで、商売女を背後から貫いているグスタフを見て、兵は顔をしかめた。
「どうされたんですか?」
 グスタフは照れくさそうな様子を装って聞いた。
「戦姫スカーレットが逃げた」
「ああ、あの、女剣闘士ですか?」
「そうだ。念のために聞く。その女は誰か?」
 スカーレットがはっと緊張した。自分を捜しに来ていることに気がついたのだろう。
「見てのとおり娼婦ですよ」
「顔を見せろ」
「へえ」
 グスタフは、スカーレットの髪をつかんで引っ張りあげ、廊下の兵に顔が見えるようにした。
 ひどい行為だが、娼婦だと思わせるにはこうするしかない。
 もう片方の手をお湯の中に入れ、指先で秘芽をつまみ、丸めるようにいじる。
 スカーレットは身体をガクガクと震わせた。口の端から涎が垂れたらしい。湯面に水滴がしたたった。
「あぁっ、だ、だめぇっ、いいのぉっ」
 グスタフの位置からでは彼女の表情は見えないが、涎をたらし、瞳をとろんと曇らせて、唇を半開きにしてあえいでいる様子は、商売女にしか見えないはずだ。
「兵隊さん。もうよろしいでしょう。貴族のお姫様は、こんな労働者階級の男に身体を許して、あんあん悶えたりしませんよ」
 マダムがおろおろと近衛兵に言い、ドアを締めた。
「すみません。お客さん。ごゆっくり……ああっ、もうっ、こんなこと、客が逃げるじゃないかっ。ウチはB&Bホテルなんだ。客に静かに休んでもらうのがウリなのにっ」
 足音が遠ざかっていく。グスタフは、安堵のため息をついた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧