新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

あやかし和メイド

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 ご先祖様、安倍晴明に託された鬼っ子
は可愛い和メイド!? 無垢なあかつき
になんでも仕込む夢の日々! 自信を
くれる初体験に、最高の悟りフェラ!
人に忌まれた鬼の子も、晴明が愛しま
くれば嫁にできる!? 誤解を乗り越え、
彼女は恋メイドへ!「はるあきさま!
あかつきは幸せになっていいんですね」
立ち読み
 ☆パイズリメイドご奉仕☆
 ――なんかすげぇ色っぽい。
 明るくて健康的な彼女が、パイズリで高まっていく様子は扇情的だった。
 目尻を赤く染め、陶酔に顔を歪めている。
 濡れて肌に張りついた着物地から、白い肌が透けている。
 鎖骨のへこみに溜まった汗、ぷりんぷりんのおっぱいが彼女自身の手で揉まれ、複雑に形を変える。彼女の細い指の隙間から飛び出た乳首が尖っていた。
 後頭部に帽子のようにかぶったままの鬼の面も、見下ろしているせいで、ユーモラスな表情に見える。
「あっ、あぁっ……んっんんっ……はぁっ」
 晴明がいちばん驚いたのは、人肌のぬくもりの心地よさだった。
 すべすべぷりぷりのおっぱいが、むぎゅっと肉茎に押し寄せてくる。胸の谷間に浮いている肋骨のごつごつと乳房のふわふわ。ふっくらした乳房の谷間で、亀頭がぴょこっと顔を出している。
「あぁっ、せいめいさま、気持ちいいですぅっ」
 パイズリは、自分で乳房を押し揉むので、おっぱいオナニーのような効果をもたらして、女の子には気持ちがいいらしい。
「僕もすっげぇ気持ちいい」
「わぁっ。うれしいっ。せいめいさま、あかつきの身体でもっと気持ちよくなってください。どうすればいいかおっしゃってください」
「さきっぽ、舐めて」
「はいっ」
 あかつきはうれしそうにうなずくと小首をかしげ、顎を引いた。そして、舌先で亀頭をぺろっと舐めた。
 ぬるっとして熱いのに、舌先はざらりとした感触で、ペニスがビクンッと前後に揺れた。
 あかつきは肉茎の根元を指で押さえて固定すると、先端をれろれろと舐め回す。
「うっ」
 舌先のつぶつぶが尿道口を舐める感触に興奮する。
 強烈な刺激に、いきなり精液が噴き出た。出るよ、と予告する間もなかった。
「きゃあっ」
 パイズリフェラの最中に射精したものだから、あかつきの顎のあたりが白濁液で汚れていく。あかつきのかわいい顔に弾ける白い液体は、ビジュアルとしても刺激的で、かぁっと来るほどの快感をもたらした。
「うぁっ、ごめんっ、うっ」
 あかつきは、驚いたあまりなのか、乳房を押し揉む手に力をこめた。射精途中の男根が圧迫され、射精の勢いが激しくなった。
 女の子の顔を汚すなんて申し訳ないと思う一方で、興奮がいっそう強くなる。
 あかつきは、晴明が快感と罪悪感を覚えていることを感じていた。
 ――いいのですよ。せいめいさま。もっと気持ちよくなってくださいませ。
 
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧