新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 「お前の××に負けただけだぞッ!」
完璧生徒会長の誠琴が、生意気な妹サ
マ・咲彩が、小悪魔下級生・天音が、
ツンツンしながらトリプルフェラ!
地縛霊猫・寅美ちゃんのヒミツ道具を
使えば、みんなマゾ堕ち、俺専用!
「バカ兄貴の××、早く入れてよね」
「コタローは共有のご主人様なの」
立ち読み
☆ツンツン強制フェラ☆
 後ろ手に縛られたままの誠琴は、尻餅をついたままという痴態で男根を味わっている。
 あまりの味に、理性が溶けてしまったとでもいうのだろうか。
「美味しい……おいひぃよぉ……硬くて、逞しくて口の中で膨らんで……は、はふぅ、溶けちゃいそう……耳鳴りもしてきて、溶かされちゃいそうだ……」
 いつもは凜としている誠琴のまなじりが、トロンと溶けそうなくらいに下がっている。しかも止めどなく涙がこぼれ落ちている。
「泣くほど俺のが美味いのか?」
「お、美味しくなんか……あっ、だめ、引くなっ。もっと奥に……ぐ、ぐぶっ、はうっ、のどごしが硬すぎて……んぷぅっ」
 よほど苦しいのだろう。
 整った鼻からは、汗とも鼻水ともわからぬ液体が溢れ出してきている。それでも誠琴はフェラチオを止めようとはしなかった。
 むしろ、より大胆に舌を絡みつかせてきている。
「ずいぶん美味そうにしゃぶりついてきてるじゃないか。誠琴の舌がいやらしくチ×コに絡みついてきているぞ」
「ンッ、ほぉぉぉぉ! ××なんてしゃぶりたくないのに……、しゃぶりたくないのにぃ、なんでこんなに美味しいんだよぉっ」
 誠琴の秘裂がヒクヒクと震え上がると、熱い体液が滲み出してくる。
 それが尿なのか、愛液なのか……それは小太郎にはわからない。
 だが、こうして自分の逸物を咥えている女の子が興奮している光景は、童貞にとってはあまりにも衝撃的すぎた。
 自分の性器に、あの誠琴がしゃぶりついているのだ。
 幼なじみだと思っていたけど、いつの間にか差をつけられて、これから手が届かないところに行こうとしている少女が……。
「そんなに俺のが美味いなら……」
「んぶぅっ!?」
 誠琴の顔を両手でつかむ。そして有無を言わさずに、ペニスへと押しつけた。
「ぐぶっ、ぐごぉぉぉぉぉぉぉっ! ぐ、ぐるじぃっ! こ、こんなに奥に入りこんでくるだなんて……ぐぶぅ!」
 ブワッとよだれが溢れ出してくる。それはまるで口で絶頂を迎えようとしているかのように。
 汗も涙も鼻水も……顔面から分泌できる体液を垂れ流しにしながら、それでも誠琴はフェラチオを続ける。
 あの誠琴をオモチャのように好き勝手にできるだなんて……だんだんと楽しくなってきてしまう。
「誠琴の舌使い、どんどんいやらしくなってきてるぞ! ほら、もっと吸ってみろって」
「す、吸うのか? お前がお望みなら……ちゅ、ちゅうぅぅぅ……っ」
「そうそう、その調子だぞ」
 誠琴の頭をがっちりと押さえこんで、前後にピストンさせる。
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧