新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

超お嬢様学校で全処女み~んな×ませた

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 「仲良しセックス、してください!」
超無垢な真珠、再会幼なじみ・流衣子、
ツンロリの喜乃実、チビ保健医・銀河。
××も知らないお嬢様を手ごめにして
学院中出し制圧! 巨乳三昧、貧乳独
占、全校H集会……『手ご名簿』に記
される令嬢達の初体験。学院の陰謀を
暴いて君も幸せボテ堕ちさせてやる!
立ち読み
☆無垢なお嬢様の処女を☆
「おお……全部、入ったぁ……!」
 もはや視界に巡のペニスは残っていない。根元まで彼女の体内にある。じく、じく、と締めつけてくる挿入感が、いまさらになって湧きあがった。
 そして真珠は、きょとんとしていた。
「あの……えと、これは、仲良しの……入っ」
 言葉が止まり、じわりと結合部から赤いものが垂れ落ちた。
「たっ、ひっ……いぃッ!」
 目が剥かれ、唇が震え、直後には悲鳴があがるかと思われた。
 だが、こぼれたのは一筋の涙。
 口元に浮かぶのは、無理がありありと見て取れる笑みだった。
「入っちゃったのです……巡さまの大きいおチ×ポ、ぜんぶ」
 ひどく無残で悲壮な笑顔なのに、輝くほどに美しい。
 ゾクゾクと背筋が震えた。震えは海綿体をも包みこむ。
 ――マーキングだ!
 そんな声を頭に聞いた直後、巡は射精していた。
「おおっ、おぉ? うわっ、出る出る、めちゃくちゃ出る……!」
「えっ……あひっ、んあぁあああぅ……!」
 驚きはしたが、腰を引いたりは絶対にしない。
 背を反らして腰を押しつけ、徹底して種汁を最奥に注ぎこむ。
(避妊してないけど……外に出すなんてもったいないこと絶対にできない!)
 温かな粘膜に包まれて射精する悦びは筆舌に尽くしがたい。ただの肉体的な快感ばかりでなく、自分の欲望を受け止めてもらったという安堵感すらともなう。つながりあった相手のことが、愛しくて仕方なくなる。
「あらあら、なんだかすごい勢いで吹きこぼれてますわ」
「さっき出したのより濃いですよ……ねばねばで、糊みたいです」
「真珠くんの中はもうあの液体が染みこんでるだろうね」
 十二嬢の三人はただただ感嘆している。妊娠の危険性を考慮してい様子はない。やはり性教育を満足におこなわれていないのだろう。
 そして真珠の浮かべた泣き笑いも、そういった不安とは無縁のものに見えた。
「よかったのです……んくっ、巡さま、すごく気持ちよさそうで……あひッ」
 この期に及んで相手を気遣う聖女のごとき姿。
「私……巡さまと仲良しに、なれたのでしょうか?」
 状況を理解しない幼児のような無垢さ。
 巡の衝動がまた暴れ出す。射精直後で萎える気配もなく、男根が脈打った。
「まだまだだよ。もっともっと真珠ちゃんと仲良くなる!」
「えっ。あっ、あぁ……巡さまぁ、んんうぅうう!」
 ゆっくりとはじまった抽送に真珠が返すのは、苦悶の声ではなかった。
 精液が潤滑液となって痛みが紛れたのか――
 それは紛れもなく、挿入前に放っていたのと同種の甘い喘ぎであった。
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧