新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

彼女はオナホなお嬢様 まくりとどっちが気持ちイイ?

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 「オナホとわたし、どっちが好き?」
再会した幼なじみはお嬢様にして商店
街アイドルで、なんとオナホマニア!?
恋人オナニーで想いを深め、アダルト
ショップでデートして……ついに訪れ
た初体験。Fカップ、エロ処女ボディ
への挿入はオナホ以上に気持ちいい!!
「いっぱい使って、まくりを愛して」
立ち読み
 ☆西奈央まくり、オナホな純愛☆
「そうか、わたしがオナホならいいんだ。わたしをオナホだと思って気持ちよくなってね」
 等身大まくりオナホの誕生である。
「萎えるから変なこと言わない」
「ごめんなさい」
 くすくすと笑い合う二人。
 貫太はまくりの膣口を触り、濡れ具合を確認する。
「まだこんなに濡れてる。ローションなしで大丈夫だな」
「んっ。貫太くん、優しくしてね」
 貫太は頷き、まくりに指を絡ませた。
 応えるように、まくりが指を握ってくる。
「挿れるよ」
「あっ、そっちじゃないよ!」
 まくりは慌ててペニスを握った。危うくもうひとつの穴に挿れられるところだった。処女なのに、それは勘弁だ。
 そして正しい穴のほうに誘導する。
「いけない、そこ洗ってないよ」
「え?」
「トイレのシャワーでアソコ、綺麗にしないと。おち×ちん汚れちゃう……」
「汚くなんかないよ」
 貫太はグッと腰を前に出した。
 ヌレヌレに濡れたまくりの膣口に、ちゅるっと亀頭の先が入ってしまう。
「にゃっ……!」
「先っぽ入ったぞ」
「やだ、おち×ちん入ってる……わたしのあそこに、貫太くんのおち×ちん入ってる……夢みたい!」
「まだ処女膜を破ってないよ。そしたらもっと入るからな」
 ゆっくりゆっくり、貫太は腰を前に出していく。
「あぐっ……!」
「だ、大丈夫?」
 処女膜の痛みは予想以上だった。内部から来る痛みは逃げようのない痛みに感じてしまう。
「ん……なんとか……くう……が、がまん……がまん……」
「一旦休もう」
「だめ、休んだらもっと怖くなっちゃう。だから貫太くん、キスして。いっぱいキスして安心させて。そしたら大丈夫だから」
 貫太が深くキスをする。少しでもまくりの痛みを和らげたいと思った。
 この痛みを超えなければ二人は変われない。オナニーしか快楽のない世界から抜け出せない。もっと多くの快楽を、二人で――
「んんんん~~~~~~~~~~っっっ!!!!」
 ブチッと何かが切れた気がした。
 同時に、縮んだバネのようになっていたペニスが、伸びてするすると奥に入っていく。
「ひぅっ、中に……んん、なにこれ、入ってくるるる……」
 未知の感覚に、まくりは混乱した。お腹の中に、硬いものが入ってくる感覚。
 そこは、今まで何も入ったことのない、ただ存在するだけの穏やかな場所であった。
 男を知らないヒダヒダをかき分け、ペニスが中へ中へと入ってくるのがわかる。
 気持ち悪かったがいやではなかった。むしろ、こうなるべきだと知らせるように、なんだかとても幸せな気持ちがこみ上げてきた。
「痛い?」
「ううん、幸せ。ここまでおち×ちん来てるの。おち×ちんが奥まで来て、初めてなのになんだかとっても幸せなの」
 まくりは優しくお腹をさすってみせた。
「貫太くんは気持ちいい?」
「ああ、なんだかすごく、温かくて柔らかいものに包まれてるみたいで……気持ちよすぎる」
「オナホと違う?」
「全然違うよ。こんな感じ、味わったことない。もう射精しそうなんだけど」
「いつでも出していいからね」
 カウパー液はきっとじゅるじゅる出ているだろう。しかし本射精はまだ我慢したいと貫太は思った。果てるときは、まくりと一緒がいいと思った。
「動いていいか?」
「うん、まだゆっりね」
 貫太はゆっくりと動き出す。膣壁がペニスによって擦られると、まくりの全身に電気が走った。
「ふぅ! ひぃ! はぁっ!」
 つい強い声が出てしまう。
 まくりは恥ずかしくて口を押さえた。
「まくり、いやらしい声聞かせて」
「恥ずかしいよ……ああっ、ちょっと激しいかも」
「まくりごめん。まくりの膣が気持ちよすぎて、止まらないんだ」
「あっ、だめっ、激しっ……んっ、んんんっ、あああ、死んじゃうよぉ」
 まくりは刺激に耐えようと、シーツを掴んで強く握った。
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧