新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 竜巫女イルルに召喚され、聖剣の勇者
となった亮。魔剣を操る美少女剣士た
ちと対戦へ! 炎剣の姫騎士ソフィア、
風の格闘少女スピカ、超絶お嬢様剣士
イザベラ――勝てばHのご褒美付き!
「私たちのバージン、受け取って!」
みんなの処女と勇気をもらって魔王と
最終決戦!?〈異世界剣戟ハーレム譚〉 
立ち読み
☆決勝の夜は姫と魔王と☆
「あー、あはぁぁぁ♪ あ、あぁぁ……ん……」
「ソフィア、まさか入れただけでイッちゃったの?」
「は、はい……♪ 少しだけ痛くて……でも、リョウのオチ×ポが奥に来たら、頭が真っ白になって……んっ……すごい……もっと、もっとください……」
「ソフィア……ああ、まだ俺も満足してない……だから!」
 亮は抽送を始める。しかも、様子見などはしないで、最初からかなりのハイペースだ。粘る水音が、いやらしく部屋に響く。
「ふぁっ、あ、あ、すごい……凄いです! 腰がぶつかるたびに、頭がしびれて……こんな……こんなに気持ちいいなんて……!」
「くぅっ! 俺も、いい……ソフィアの膣中、俺のがぴったり収まって……吸いつくみたいで……あ、ぅ……く!」
「ずるい、みんな……こんあの先に知ってたなんて、ずるい、です……んっ、あ、はぁぁんっ……んんっ!」
 遠い遠い親戚である二人。その血のなせるわざなのか、ソフィアの膣中はあつらえたように亮のモノをおさめた。きゅうきゅうと吸いつき、気持ちの赴くままに精を求める。
「ふぁぁぁっ、あーっ……きもちいい……気持ちいいです……んくっ……んん?」
 力強く攻められながら、ソフィアは目の前に横たわる魔王に気付いた。いつの間にか目を覚まし、ソフィアたちの痴態を見ながら自分を慰めている。
「…………んふ♪」
 ソフィアは小さく笑い、ゆっくりと魔王へと近づく。亮もまた、すぐにその意思に気付いた。
「気持ちよさそうですね、アストルテ」
「ふぇっ! ひ、姫……これは……」
「せっかくですから、一緒に……んふっ、また、手伝ってあげます……ちゅぅっ」
「んにゅぅぅぅっ!」
 ソフィアは魔王が自分で撫でていたクリトリスに吸いつく。一気に快感を押し上げられ、足をピンと伸ばして震えた。
「や、やぁぁ……ひ、姫のは強いぃ……か、感じすぎる、からぁ……! ンンッ!」
 弱々しくソフィアの頭を掴む。だが、押しのけるほど力が入らず、自分の体を支えることしかできなかった。
「ほんと、ソフィアも俺の予想以上にエッチだよ」
 思えば、見た目が一番派手で、いかにもそっちに強そうなイザベラが、一番奥手というわけのわからない仲間たちだった。
「ん、ちゅる……じゅるるるっ……」
「やぁっ! あたしの……あ、あそこを、吸うな! おかしい、こんなのっ!」
「はぁ、リョウの精液と、アストルテの愛液が混ざって……いやらしい味がします……あ、んぅ……♪ んんっ、ひゃふっ、やぁ、あ、あ、んはぁぁんっ!」
 魔王を攻め、亮に攻められ、ソフィアは幸せそうに感じる。
(ソフィアやみんなと結婚したら、色々と大変かもなぁ)
 それは、幸せな悩みではあるのだけど。
「んちゅっ、じゅるっ……ちゅる、じゅるるるっ」
「らめらめぇ……ま、またイク……わたし、姫にたくさんイカされて、本当にダメになる……これぇ、魔王じゃなくなっちゃうぅぅ!」
「それなら、私の妹になればいいです。さぁ、一緒にリョウに尽くして、一緒に愛されましょう? ちゅ、ちゅぅぅぅぅっ!」
「うぅ、あぁぁ……んんぅぅぅぅぅぅっ!」
 ビクビクビクッ!
 魔王はソフィアの愛撫で、何度も何度も達していた。
「ふぁぁっ、アストルテはかわいいし……リョウのは素敵で……気持ちよくて、アッ、わ、私ももう……!」
「俺も、出る……ソフィアの中に、出すよ」
「はい、きてください……あぁ、子種を……私のオマ×コの中に、たっぷり注いで……愛してください……リョウ、あぁぁんっ!」
「くぅっ、あ、あ、あぁぁっ!」
「あぁっ、こんなに暴れて……もう出るのですね? あぁんっ……あ、あ、あ、あ、あぁぁぁぁぁぁっ!」
 限界だった。ソフィアの膣奥にペニスを擦りつけながら、大量に欲望を吐き出していく。
 ドクンッ、ドクドクドクドクッ!
「はぁじわって温かくて……お腹の中に、リョウのが来てます……ふぁぁぁ……♪」
 亮がすべてを吐き出すのを感じながら、ソフィアは幸せそうに息をついた。
 限界だった。ソフィアの膣奥にペニスを擦りつけながら、大量に欲望を吐き出していく。
 ドクンッ、ドクドクドクドクッ!
「はぁじわって温かくて……お腹の中に、リョウのが来てます……ふぁぁぁ……♪」
 亮がすべてを吐き出すのを感じながら、ソフィアは幸せそうに息をついた。
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧