新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹エッチ以外ぜったい禁止! 委員長、妹の親友、中二病少女と……

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 「お兄ちゃんを一番愛してるのはあた
しなのに!」ツンデレブラコン妹・恋
ヶ原七香には言えないハーレム生活。
クラス委員長・春日早月、妹の親友・
双葉真緒、中二病少女・姫代杏子――
超能力で一目惚れして処女を捧げてく
れる少女たち。みんなの応援を受け、
一加はついに妹の恋心と向かい合う!
立ち読み
☆妹の夢がかなって☆
(う、うれしいようっ……! 処女をあげるだけじゃなくて、お兄ちゃんの童貞ももらえたんだ……! あたし、お兄ちゃんの妹に生まれてよかった……! こんなに幸せなの、初めてだよう……! 幸せすぎて、怖いくらいだよう……!)
 いつしかふたりは、手を握り合っていた。
 上も下も深くつながりながら、兄妹はこの重なりに至上の幸福を覚えていく。
 兄は、最初とは違って激しい速度で七香の膣内を責めていった。
「あああぁぁっっ……!? はあっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あぁっ、ああぁっ、あああっ……! あああぁっ、あああぁぁっ、ふあああぁぁっっ……!!」
 七香はもう、少し激しくされただけでもイってしまいほど、感度が高くなっている。
 だけど、七香は我慢する。
 イクなら、兄と一緒がいい。
 ふたりで手を取り合うように気持ちよくなりたい。
 兄のおちん×んを舐め、兄の精液をもらいながらの絶頂は、あんなにも幸せだったのだから。
 七香はイクのを必死に我慢して、兄の射精を待ち続ける。
「ああぁっ、あああぁっ、あああぁぁぁっ……!! お兄ちゃんっ、お兄ちゃぁんっ! 来てっ、来てえっ! あたしのおま×こに、お兄ちゃんのセーエキ欲しいの……!」
「待ってろ、七香。俺も、そろそろ限界だ。こんなに早いのは、やっぱりおまえが相手だからなんだろうな。いくぞ、七香……!」
「あああっ、あああぁぁっ、お兄ちゃんのおちん×ん、おま×この中でふくらんできたあっ……! 射精するって合図なんだよね……! お兄ちゃんのセーエキ、今度こそ全部飲んであげるんだからあっ……!」
 上の口では無理だったが、下の口では一滴たりともこぼさないつもりで、七香は兄のペニスを膣圧でぎゅうっと絞りこんだ。
 兄は最後に力強くペニスを押しこみ、七香の膣内の奥底へとぶつけた。
「ふああああああぁぁぁぁぁんっっっ……!?」
 七香はおま×こどころか、最奥の子宮口すら気持ちよくされた感覚に、少しの我慢も許されずに絶頂まで飛ばされた。
 この上ない深いつながりで、兄の精液は七香の膣内に留まらず、子宮の中までいっぱいにもらえるに違いない。
 そう考えたら、七香がイカないほうがおかしかった。
「好きぃっ! 大好きぃっ! お兄ちゃぁんっ……! ああああっ、あああああっ、あああああああぁぁぁぁぁぁっっっっ~~~~~~~~~~~~っっっっ!!」
「七香……!」
 兄もまた、七香の想いに応えるように射精した。
 おびただしい量の白濁液が、七香の子宮口に向かって注がれ、さらにその奥の禁忌となる部屋を満たしていった。
(あああぁぁっ……!? お兄ちゃんのセーエキ、おま×この奥の奥まで届いてる……! 赤ちゃんの部屋までお兄ちゃんのセーエキでいっぱいになってるようっ……!)
 七香は背徳感が入り交じった快感に襲われ、すでに絶頂の波に打たれているにもかかわらず、さらなる高みへと昇っていった。
「イクっ、イクイクっ……ああああぁぁぁっ、イクイクイクイクうぅっ! も、もうイってるのにぃっ! まだイクのぉ! イキながらイっちゃってるのぉっ……! ひあああああああぁぁぁぁぁぁっっっっ~~~~~~~~~~~~っっっっ!!」
 七香はあふれ湧く愛液をお漏らしのようにまき散らし、それどころかもはや潮まで噴く始末だった。
 潮を噴いたのなんて初めてのことだ。オナニーでだってそんな経験はない。
 あまりに凄まじい絶頂の高さに、七香はすでに意識が飛びかけていた。
 いや、普通ならとっくに気絶してもおかしくなかった。
 だけど、七香は気を失わないよう、懸命に耐えていた。
 もしもここで気絶してしまったら、おま×この中にある兄のおちん×んと精液の感触まで、なくなってしまうのだ。
 七香はいつまでだって、兄の愛情を感じていたかった。
 そんな具合に、絶頂から降りられなくなってしまった七香を、兄が労るように抱きしめる。
「ごめんな、七香。加減ができなかった。俺は、おまえとのエッチに夢中になってしまったようだ。優しく抱くと言ったはずなのにな……」
「ふあっ、あっ……お、お兄ちゃんは、悪くないよっ……あ、あたし、嬉しいもんっ……ああぁっ……お、お兄ちゃんが、あたしと本気でエッチしてくれたことっ……!」
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧