新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

転校生・麗子

本を購入

本価格:560(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:150円(税抜)

獲得ポイント:1pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「白羽女学院よりまいりました吉岡麗子です」突然の転校生に静まりかえる教室。気高いまでの美貌に、同い年とは思えない妖艶さ。誰もが名門校のセーラー服に身を包む彼女の虜に堕ちていた。少年たちはもちろん、同性の優奈でさえ……

立ち読み

★麗子が見せた魔性美

「わたしのヴァージンを破れるのよ、光栄に思うのね」
  純也の股間にまたがった麗子は、右手を股の下に持っていきペニスを固定する。
「待ってくれよ、俺は優奈と――」
  純也は、目の前で男たちに犯される恋人に救いを求めるように、視線を向ける。
「フフッ、黙りなさい。あなたの役目は穴を開けることだけよ」
  そして勃起したペニスの上に、ゆっくりと腰をおろしていく。
  童貞ペニスの先端を生温かい粘膜に包まれ、純也は思わずうなっていた。そして生温かさは、どんどんペニス全体を包みこんでいく。
「あぁ、純也……あんっ……」
  優奈は朦朧とする意識のなかで、純也の上に黒いブラジャーだけを身に着けた麗子がまたがっているのを見た。
  純也は必死に射精をこらえているようだ。麗子は破瓜の苦痛と戦っているのか、眉間に縦皺を刻みながらそれでも腰を上下に動かしている。
「麗子さま……なんでこんなこと……」
「おい、センパイ、しゃべる暇があったらコイツをしゃぶりな」
  バックから犯されている優奈の唇に、謙吾が萎えかけたペニスを擦りつけてくる。
「はむっ、はぐうぅ……」
  恐ろしい現実を忘れようとするかのように、優奈は夢中で後輩の醜悪なペニスを頬張っていた。口のなかで硬度を増していくペニスを感じながら、膣肉を光雄に抉られていると、不思議なことに純也のことがどうでもよくなってくる。
「い、いやらしいわ……前と後ろから犯されて……それでも感じてるのね……可愛いわ、優奈」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧