新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

Ensemble~ぼくの妹

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

いつも心配ばかりかける病弱な妹・苺。男子とまでケンカする元気な妹・珊瑚。ツインテールとポニーテール、髪型は違っても二人は双子。眼鏡をはずせば、最愛の兄でも区別がつかない美貌の妹。保健室でバージンを捧げてくれたのは、ほんとうに珊瑚?  シャワー室でフェラチオをしてくれたのは、じつは苺?

ジャンル:
萌え | | 年下 | 学園 | イジメられたい
立ち読み

★兄を想う愛らしい妹in保健室

  絶頂に向けて、苺は両手をパンティのなかに差し入れた。
「お兄ちゃん――」
  声にした途端、快さが倍増した。目の前に、兄の優しい眼差しが浮かんだ。
  保健室で自慰にふけるあたしを見たら、お兄ちゃんはきっと軽蔑する。
  もう、二度と優しくなんてしてくれないだろう。
  でも、いくら優しくされたって、お兄ちゃんはお兄ちゃん。
  兄妹は、絶対に結ばれることはないんだもの。だったら――。
  自暴自棄な快楽。苺のすがれるものはただひとつ、悦びを生みだしてくれる己の指のみ。
「イッちゃう、お兄ちゃん」
  クリトリスを上下に擦りたてる指は、愛液がなければ摩擦で火を熾しそうな勢い。
  快感の火花は線香花火から噴きあげ花火へと増大し、そして迎えるクライマックス。
「ううッ、ふう……ン、ああッ、はぁ、イク――」
  ガクンガクンと、上半身と下半身が別物みたいに跳ねた。ベッドが軋む。
  身体中が沸騰しているみたい。苺は両手を腿の間に挟んだまま、いつまでも全身をヒクヒクと波打たせた。
(あたしったら、またお兄ちゃんを想って、オナニーしちゃった……)

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧