新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

メイドなります!
彼女は幼なじみ

本を購入

本価格:640(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:320円(税抜)

獲得ポイント:3pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「ご、ご主人様。美沙のご奉仕は気持ちいいですか」メイド姿で××にまた
がり、一生懸命腰を振る私。昨日までは強気な幼なじみ。だけど今日からは、学校でもどこでも仕える淫らなメイド。(ねえ勝、どうして私がメイドになったか、本当の理由を知りたくない?)

立ち読み

★メイドとして初めての仕事は……

「まさか、そんな……う、嘘よね勝、まさか本当に……あああっ!?」
  美沙の声が恐怖に震えた。押し当てられた熱いモノの正体を悟った瞬間、切れ長の瞳から涙が堰を切ったように溢れた。
「こんなのって……こんな初体験なんてイヤよ……キ、キスだってまだなのにぃ……うわあああッ、ダメ、それ以上入れちゃダメぇ!」
  最後の抵抗を試みた美沙の膣口に、勝の亀頭が侵入を開始する。
「痛い痛い、勝の、大きすぎるよお!  私のアソコ、壊れちゃうぅ……っ」
  とても収まりそうにない小さな膣口に、無理やり亀頭が突き進んでいく。
  先輩メイドとして、由佳里が美沙に声をかけた。
「美沙さん、そんなに力を入れていては痛みが長引くだけですよ。息を吐いてご主人様を受け入れなさい」
「だって、痛いの……ぐうぅ、壊れちゃう……私、壊れちゃうよお!」
「美沙……美沙ぁ!!」
  勝の行く手を阻んでいた抵抗が、軽い衝撃とともに消失した。同時に、一気に肉棒が美沙の膣内へと呑みこまれる。
「はおおっ……かは……っ……」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧