新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

可憐~巫女に願いを

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「私たちの初めて、受け取ってください!」巫女姿のクラスメイトが捧げる
可憐で切ない初体験のお願い。少年に想いを寄せるメガネっ娘の典子と、ナマイキなお嬢様・樹里亜。強制された儀式とはいえ処女の身から誘うなんて。皆に見守られ、二人の乙女はこれから、少年に仕える生贄巫女に生まれ変わる。

立ち読み

★スケスケ巫女衣装に着替えて

  あまりにも薄く作られた人柱の装束は、肌を隠すという役目をなしていない。
  むしろ裸に綺麗で卑猥な飾りを施したというのが、表現としては正しい。
「もう……こんな、こんな馬鹿なことが……そうだわ、お父様に、お父様に……」
  相田樹里亜はぶつぶつと言いながら、背中を丸め、右手で胸を、左手で自分の股間を押さえている。そうしなければ、大事な部分がすべて丸見えになってしまう。
  大澤典子のすぐ目の前で令嬢の尻肉が、きゅっきゅっと小気味よく上下運動を繰りかえす。
  乳房と股間で両手がふさがり、そのために、尻の割れ目を隠すだけの余力が樹里亜にはない。
  そして、それは典子もまた同じであった。
  右手の手のひらを股間に、左手を胸にまわしてなんとか局部と乳首が晒されるのを防ごうと、眼鏡の少女は躍起になっている。
「は、恥ずかしい……」
  痺れるような恥ずかしさ。頭の芯がかっかと燃えあがるような屈辱感。大澤典子は必死になって小刻みな苦しみと闘う。
  胸を小さな針でちくちくとつつかれるような苦しみ。少女たちは顔を真っ赤にして耐えている。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧