新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

シスタースプリング
いつかの妹

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「お兄ちゃん、約束して……世界で一番、冬香が大事だって」桜の木の下、再会した生き別れの妹 初めて交わすキスは禁忌の味 「痛いけど……やめないで、今はお兄ちゃんと一つになりたい」涙を浮かべた冬香の笑顔が愛しくて切なくて
ジャンル:
萌え | | 純愛 | 百合要素
立ち読み
★淫靡なKiss……

  ファーストキスなのに、と思った。恭介の顔が浮かぶ。
  一生懸命に口を閉じようとした。
  由加里の指が、青いブラの隙間に忍びこんだ。慣れた手つきだった。手の甲でブラを持ちあげるようにして、由加里の手指が侵入してくる。
  二本の指が、歩くような動きで冬香の薄い乳房をのぼっていく。そして、乳首のまわりを円を描いて、二本の指がダンスした。
「ふぁ!」
  身体を電流が走り、思わず口が開いてしまう。
  その隙を由加里は見逃さない。するっと舌が差しこまれた。
「ん……、は……」
  口腔内を、由加里の舌が泳ぐ。冬香の舌を絡めとり、大胆な動きで冬香の頭を恍惚とさせていく。
  由加里は存分にディープキスを楽しんだあと、冬香の口から舌を抜き取った。二人の唾液が糸を引いてキラキラと光る。
「わ、わたしたち、女同士ですよ……」
「女同士でも、気持ちいいことは気持ちいいの。それに、女だからあなたをこんなふうに気持ちよくできるのよ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧