新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

晴れときどき天使
ぼくのお姉さま

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
恋も受験も、天使にオマカセ!翼の生えた押しかけお姉さま・真奈美。
甘い初体験レッスンはうれしいけれど、彼女は頼りにならないドタバタ天使!恋結びの矢で憧れの幼なじみ・千春を奉仕ドレイに変えちゃうし。同棲するには、挑発的すぎるそのボディ。ああ神様、ホントに恋が叶うんですか?
立ち読み
★遊園地、観覧者のなかで

(お、俺が主導権を握るんだ……)
  歯を食いしばり、拓は腰を前後に動かした。
  カリの部分で膣壁を押しひろげ、真奈美の甘美な粘膜をかき混ぜる。
「ひっ!  あっっ!  んっ!」
  なにかを耐えるように窓の手すりをつかみ、真奈美がかわいい声をあげる。
  少しずつ速まる拓の抽送に合わせ、声の間隔も短くなっていく。
  ペニスにまとわりつく愛液が白く、粘っこくなっていく。
「本気汁を吐いて、そんなに気持ちいいのか?」
「いいよぅ、拓ちゃんっ……。んんっ、拓ちゃんの、オチン×ンッ、気持ちいい!」
放電にも似た痺れが射精をうながす。少しでも長く真奈美のなかを味わおうとあごをあげた拓は、無数の視線に気がついた。
「……うわっ!」
  限界まで達していた拓と真奈美を、無数の瞳が覗いていた。そのなかには、観覧車の係員の姿も見える。観覧車はいつの間にか地上に戻り、係員が扉を開けたのだ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧