新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

隣りのランドセル

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「おにいちゃん、まみのこと好き?」赤いランドセルも愛らしい隣家の少女
長澤まみ。ソックスをはいただけの、無垢なヌードが、僕の理性を狂わせる。食べちゃいたいくらい可愛くて、触れられないくらい大好きな彼女。そんな少女に「おにいちゃんになら、全部あげてもいいんだよ」と言われたら!
ジャンル:
萌え | 年下 | 純愛 | ファンタジー
立ち読み
★ただいま、まみちゃんにイタズラ中

「……おにいちゃん、まみにさわられて、気持ちいいの?」
  全裸で男性器を握る少女は小首をかしげた。
「うん。敏感なところだからね。まみちゃんの指が触れるだけで気持ちいいんだよ」
「だけどこれ、まみがさわる前から大きくなってたよ」
  なかなかに聡明な子だ。適当な説明では誤魔化せない。
「それはね、まみちゃんのことが好きだっていうしるしなんだ」
  すると、まみの頬がポッと赤くなった。
「おにいちゃん、まみのこと、好きなの?」
「そうだよ。ほら、オチン×ンもそうだって言ってるよ」
  肉根に力をこめ、ビクビクと脈動させる。「ホントだ」と、まみは驚きのなかにも嬉しそうな表情を見せた。
「さあ、今度は握ったのを前、後ろっていうふうに動かすんだ」
  言われるままに手筒を前後させる従順な少女。硬い中心を包む外側の皮だけが動くのを、興味深げに見つめる。
「ああっ??」
  より著しい快感に貫かれて、美樹夫は前のめりになって呻いた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧