新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

いもうとレッスン
ここは乙女の園

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
瑞希がちゃんと教えてあげる!立派な“女形”になるため、一緒に女子高へ通うわたしの兄さま。乙女の園での生活も、女らしさも、誰がいちばん兄さまが好きなのか、わたしがしっかり体に教えてあげる憧れのクラスメイト・遥さんにも、素子センセイにも、絶対負けない!
ジャンル:
萌え | 百合要素 | | 純愛
立ち読み
★乙女の花園、女教師と…

「おっきい、これ、ねえ、先生のここに、香月くんのおっきくて硬いの入れて。お願い、早く、お願い」
  素子の教師としての面影は、すでにどこにもない。眼鏡は鼻の頭までずり落ち、唇の端からは涎が一筋垂れている。淫らに腰をくねらせる、一匹のメス犬と化していた。
「これ、ここに入れて。早くっ!」
  素子の手が、握ったカオルのペニスを、次から次へと溢れてくる愛液でてらてらに光った亀裂に導いた。先端に、やけどしそうなほどに熱い女の部分を感じて、さらにペニスが硬直する。
「は、入ってくる……、んんっ!  ふぁ!  あ!」
  カオルのペニスを、濡れて熱い粘膜が包んでいく。素子のなかは、やけどしそうなほどに熱い。まるで、糊を熱している鍋のなかに、ペニスを差しこんでいくように感じる。
「はぁ!  すごいっ!  入ってる!  入ってるっ!」
  半分ほど咥えこむと、素子は派手に腰を振りはじめた。
  なかの襞が、ペニスを包み、こすれていく。自分の下で動物のように喘いでいる素子を見ていたら、カオルのなかで急速に野蛮ななにかが膨れていった。
  素子の腰をつかみ、動きをとめた。
「やだ……やめないで、お願いっ!  いやぁああああああっ!」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧