新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

メイド イン プリンセス

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
私、ホントはお姫様なんだからね!ご奉仕してあげるのは、キミにだけよ。侍女になったのは城から抜けだすためだったけど、初めてを捧げて、快感に溺れて、今はもう、あなたのメイド。胸でイキたい?  騎乗位がいい?  後ろのバージンも奪いたい?  城に戻る明日まで、ずっと私を抱きしめて……
立ち読み
★私のラブラブご奉仕

  「仕方ないわね。舐めてあげるわ。お願いしますと言いなさいっ!」
「お、お願いします」
  アシェンは困った犬のような表情で言った。
  エリシアは顔を斜めにし、肉茎のエラのくびれたところをペロペロと舌先で舐めしゃぶる。不規則に動くので、根元に指を絡みつけてしっかりと持つ。ペニスは硬いのにやわらかく、指を絡みつけるとガチガチに張りつめた。
  ――すごぉい……。しっとりぷにぷにしているのに硬いんだわ。こんなのはじめて……。熱いわ。ドクドクしてる。
  エリシアは、肉茎のコブの数を数えるようにして、ゆっくりと男根を舐めていく。根元にたどり着くと、付け根を舌先でぞろりと探り、また亀頭のほうへと戻る。
  ――ああ、どうしよう。ムズムズしちゃう……。
  空虚なところを、この大きなペニスでいっぱいに埋めてほしい。そんなせつない欲望が彼女の内側をいっぱいにしていく。
「うっ、はぁあ……エリシア、さきっぽ、咥えて、ほしい……」
「え?  く、咥え、る、の?」
  少年がこくこくとうなずいた。
  エリシアは肉茎の根元を持ち、先端の肉の実をぱくんと咥える。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧