新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

あねらぶ~彼女は三姉妹!

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:324円(税抜)

獲得ポイント:3pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
お姉ちゃんたち、ずぅーと、耕くんのこと、離してあげないんだからぁ!甘えん坊の夏純お姉ちゃん。ボーイッシュな芹姉。優等生の八尋姉さん……三人が捧ぐ愛情いっぱいのラブ挑発!お姉ちゃんの初めてを奪ってくれる?胸でイキたい?  それともくちびる?今夜もみんなで可愛がってあげるね!
立ち読み
★前もおっぱい、背中もおっぱい

「どう、あたしのパイズリ、感じるだろ?  耕太は、こういうのが大好きなんだって?」
  お風呂場で二人の姉に囲まれてしまった耕太の若勃起を、芹華がさらに責めたてる。
「そ、そんなことは……ううっ!」
「耕ちゃん、いっつもお姉ちゃんにおっぱいでくにゅくにゅされて射精してるんだよ」
  くすくすと笑いつつ、夏純が耕太の背後にまわる。なにをするのかと見ていると、
「背中は、私がしてあげるからねー」
  たっぷりとボディーソープを身体の前面にまぶし、そのまま耕太に抱きついた。
「んふふー、耕ちゃんの背中、お姉ちゃんのおっぱいで洗ってあげるねー」
「わ、わわわっ……ああ、お、お姉ちゃん……くすぐったいよぉ……っ」
「こら耕太、あたしがパイズリしてやってんだから動くなっ。ズレちゃうだろっ?」
「だっ、だって……あうッ、か、夏純お姉ちゃんが……くふっ」
「あン、もう……ええい、動くな、バカ!  んむっ!」
  胸の間から抜けそうになるペニスの先を、芹華がぱくりと口に含んだ。肉竿を乳房で挟みつつ亀頭を口で咥えられるのは、巨乳の芹華ならではだった。
「ほ、ほれへいいんへひょ、ほれえへゃん」
『これでいいんでしょ、お姉ちゃん』と言っているのだが、勃起したままの亀頭を口に含んだままなのでうまくしゃべれない。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧