新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

お姫様がいっぱい
ようこそ、姫之湯へ

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
私たち、ホントは光くんなんかじゃ、手の届かないお姫様なんだからね!
小さい頃からお仕えしてきたホテル王の一人娘・あかり。華族の血を引く芽衣。セクシーな異国の王女ミリア……三人のプリンセスが僕の体を取り合い、温泉でご奉仕を競ってくれるなんて!ここは夢の〈主従逆転混浴ハーレム〉?
立ち読み
★温泉でお尻並べて

「ああっ、ああっ、それ、いいっ!  あはぁんっ!  はんっ、はんっ、あああん!」
  リズミカルな動きに合わせて、あかりが甘い声で喘ぐ。そこに、腰とヒップがぶつかるパンパンという音と湯が揺れて発する音が重なり、淫らな三重奏を奏でる。
「ああ……あかりさんばっかり、ズルイですわよ」
  と、ヒップを突きだしたままのミリアが、つながった二人を羨ましそうに見つめる。
「大丈夫、今度はミリアちゃんの番だから」
  そう言うなり、光一はあかりからペニスを抜いた。そして、金髪の少女の膣に、蜜をたっぷりまぶした一物を勢いよく挿入する。
「あああああっ!  いきなりぃ!  でも、いいっ!  感じすぎますわぁ!」
  少年が力強く腰を打ちつけるように動くと、ミリアが大きくのけ反って甲高い喘ぎ声をあげた。
「あふぅ……光くぅん……あたしもぉ」
  と、今度は幼なじみの少女が、欲情しきった恨めしそうな目を光一に向けてくる。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧