新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

王女姉妹

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「必ず姉上を救い、お前を倒してやる」囚われてなお気高い、戦姫シルヴィ。
「お願い、妹の身体だけは穢さないで」可憐で優しすぎる大陸一の美姫リミア。
互いを思いやる王女姉妹ほど、侵略者を悦ばす獲物はいない。処女を差しだす屈辱の初夜。民衆の前で晒す調教パレード……美肉は完全に占領された!
立ち読み
★囚われの戦姫を……

「いぎいいッッ!  い、痛っ……うぐああっ」
  下腹部で処女膜が破れるブチッという音が確かに響き、激痛が全身を突き抜けていく。すべての思考が真っ赤に染まり、ギュッと閉じた双眸から涙が溢れた。
「おお、根元まで入りましたよ。これで戦姫も女の仲間入りですね」
  アヒムは余裕を見せているが、処女の強烈な締めつけに早くも射精感を昂らせている。剣の稽古で鍛えあげられているせいだろうか、その絡みついてくるような蜜壺の収縮は、これまで体験したことがないほど強烈なのだ。
「ううっ、痛い……ぬ、抜いて……痛い……」
  シルヴィは涙を流しながら、うわごとのように口走る。肉体の激痛よりも精神的なショックで、意識が半分飛んでいるようだ。
「エルミア騎士団の団長が、だらしないですね。それにしても……ううっ、すごい締めつけだ」
  言葉でも徹底して嬲りながら、腰を突きあげて処女喪失直後の蜜壺を抉り抜く。破瓜の血と蜜液、それに剛直から溢れた先走り液が混ざり合って、ヌチャヌチャと卑猥な音を響かせる。
「ひうっ……うぐっ……あううっ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧