新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

巫女ハートシス
お祓いしちゃうぞ!

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「恥ずかしいけど、お祓いなんです」「感謝なさい!  私も初めてなのよ」
少年に取り憑いた疫病神を鎮めるため、着物と法衣をはだけ、純潔を捧げてくれる巫女とシスター。和羽の無垢な唇で、エリーの神聖な美乳で、エッチな欲望を叶えてもらえる……こんな幸せな押しかけ同棲生活、信じられない!
立ち読み
☆巫女、聖なるくちびる☆

「あむ……んんっ……」
  くぐもった声で和羽が鳴いた。
  和羽が顔を動かすたび、康晴のペニスが口のなかへと消え、そして顔を出す。自分のものが美少女の口内を犯す様を見せつけられ、その罪深さに康晴の体が悦び震えた。
  和羽は康晴の視線に気づくと、上気した頬をさらに赤らめながら、視線をそらす。そんな仕草の最中も、チロチロと舌先が尿道口に触れていた。
「うわ……」
  和羽は喉の奥まで肉茎を導き入れ、繊細な舌をねっとりと絡みつける。彼女の息が康晴の下腹部に当たり、ヘアが小刻みに揺れた。
  感じたことのない感触にゾワゾワと背筋が震え、頬が緩む。顔に出そうになるのを抑えようとしても、無理な相談だった。
  明らかな射精感が下半身から噴きだしはじめるが、康晴にはそれをこらえる手段はなかった。
「はふ……んぁ、あむ、んっ……」
  苦しげな吐息に導かれ、衝動がうねりとなって康晴の体を駆け昇っていく。
  灼熱のような高ぶりとともに、腰がせりあがりだした。
  限界が迫り、康晴の額に汗が浮かぶ。
「こ、このままだと、口に出ちゃうよ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧