新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ボクだけの巫女姉妹

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
純情おっとり系の香宵さん(20)
いつも僕に反発してくる亜由(17)
好奇心いっぱいの鈴乃ちゃん(15)
島を守る儀式とはいえ、ホントにみんなのバージン、もらっていいの?三姉妹のママ・志月さん(?)まで巻きこんで、毎晩、夢の巫女三昧!白衣に隠された清純女体を独り占め!
立ち読み
☆神聖すぎる巫女のカラダ☆

「これが!  女の人の!」
  高也の感動の声におびえて、香宵が太腿をきつく閉じた。しかし、燃え盛る視線は股間へと集中する。
  そこには二十歳の女なら当然あるべきものが存在しなかった。陰毛が一本も生えていないのだ。生えない体質なのか、体毛の存在を示す痕跡は見当たらない。
  女の身体中でもっとも日に当たらない部位は、ほの白く、なめらかで、ふっくらと盛りあがった中心に一筋の裂け目が走っている。左右に分かれた恥丘が、男の力を前にして、子ウサギのようにわなないていた。
  香宵の全身が表現する畏怖も、性欲に突き動かされる高也には届かない。
(見たい。香宵さんの、もっと奥まで見たい!)
  自分の体重で香宵の両脚を押さえつけ、両手を秘裂へと伸ばす。
  まだ誰も触れたことのない香宵の秘密の扉に指が触れようとしたとき、背後から素早く伸びてきた志月の両手が、高也の手首をつかんでとめた。
「娘の身体を見て興奮していただくのは光栄ですけれど、香宵は年上とはいえ経験のない生娘ですわ。どうか前戯をして、娘の硬い身体をほぐしてくださいませ。娘を愛してやってくださいませ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧