新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

お嬢様ハーレム
姉妹とメイドと執事のボク

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
高飛車で素直じゃない沙姫様(16)、
おっとり系お姉さんの静乃様(18)。
お嬢様姉妹ふたりを執事のボクが独占エッチできるだなんて!メイド長・耀子さん(18)や女執事の巽美(15)までボクに夢中。4対1でご奉仕競争、みんなで絶頂!ここは夢のような逆転ハーレム!?
立ち読み
☆ツンデレVSおっとり  姉妹ハーレム

「どうしたの、しょうちゃん。お願い。早くしょうちゃんの大きいのちょうだいっ」
「しょ、昇、いつまで待たせるのですか……は、早くなさい……でないと許しませんわよ!」
  昇は姉妹のあられもない恥肉のひくつきに息を呑んだ。
(姉妹なのに、あそこの形って一緒じゃないんだ……)
  静乃の臀部は肉づきがよく、尻肉から太腿にかけてのラインはソフトな丸みを帯び、たぷたぷとしている。肉畝のふくらみから地つづきの割れ目は充血しきり、ビラビラの一枚一枚は厚みがあって、食べ応えがありそうだ。
  それと比べて沙姫は姉ほどの肉づきのよさはない。しかし全体的に細身で、すっきりとしている。女性らしい丸みは薄いけれど、骨張った感じはない。少し脂肪がついて、これから少しずつ、女性らしくなるのではないだろうか。尻肉は彼女の気性と同じようにツンと上向きに、絶頂に燃えた陰部は今もヒクヒクと軟体動物のようにうごめいていた。
  二人の陶器を思わせる白い肌はかすかに上気して、色っぽくも生々しい香りを立ちのぼらせている。彼女たちの呼吸に合わせて、ひくつきを繰りかえす陰襞はとてもなまめかしかった。
「指、入れてもいいですか?」
  少年が聞くと、二人はハッと息を呑むように押し黙ってしまう。昇はこれをオーケーだと解釈して、姉の媚孔へ突き入れた。
「はああああああっ!  入っちゃう……ああ、しょうちゃんの長い指、入っちゃう!」
「しょ、しょうぅ!  ああああンッ……ど、どうしてお姉様からなの!  わ、わたくしはどうでもいいの!?」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧