新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹は絶対君主なお嬢様!?

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
玉座から冷ややかに見おろす絶対君主。世界的な新興財閥のお嬢様が、まさか妹のしずかだなんて!  夢のような令嬢&メイド軍団とのお屋敷生活。君主モードの冷たいしずかも、恋人モードのラブラブしずかも可愛すぎ?  うれし恥ずかし禁断初夜に、お嬢様からのメイド奉仕、妹は最高のご主人様!
立ち読み
☆君主様のご奉仕☆
「お兄様は……わたくしの……はぁん、もの……です」
  腰のスイングで、柔肌が肉茎に絡みつく。牝の悦びに浸りながら、それでも彼女は腰を振りつづける。まるで絞りとるように、狭い胎内は智を容赦なく責めたてた。
  肉棒とヒダは何度も絡み合い、互いを貪って充血しつづける。
  だが、終わりのない女の悦びと果てのある男の悦びでは、どちらが勝つかは最初から明らかだった。
「くっ。も、もう出そうだ……」
「ひぁっ、たっぷり出し……なさい」
  頬を上気させ、喘ぎながらも、しずかは支配者でありつづける。女王のプライドを持ちながら、少女は腰を振りつづける。
「ん、んっ、あっ、だ、出し、出しッ、んんんっ」
  智の腰としずかの白い太腿がぶつかり、波紋が幼い肢体に伝わる。身体のなかから燃えあがる感覚に、しずかの肌が上気していく。
  しずかの牝器官は勝負など無関係に、子種の到来を待ち望んで震えた。
「こ、ここだけ……っ!  お兄様が……ッ、んぁっ、注いでいいのは……ここ……」
  しずかが下腹部を撫でる仕草に、智の憤りが一気に限界へと駆け昇っていく。
  智は下から突きあげ、何度もしずかの奥深くまでペニスを叩きこんだ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧