新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

Myメイド

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
愛してるって言いなさい!
もう亜由はご主人様の専属メイドなんだから?
憧れのお嬢様にご奉仕させるなんて、最高でしょ?
フェラチオさせたい?それとも学校で調教したい?
初めてを捧げ、何度もイカされ……身も心もメイドにされちゃった。
だから、これからも一緒にいたいって命令なさい!
立ち読み
  焦らされた亜由は、大地をぽんぽんと叱りつけた。
「もうっ。めんどくさいわねっ。今は大地がご主人様で、私はご主人様にお仕えするメイドなのっ。したいようにやっちゃってよっ!!」
  怒るより、かわいくおねだりしたほうがいいと理屈ではわかるのだが、気位の高いお嬢様はかわいいフリなんてできなかった。
  大地が、ふぅとため息をついたあと、ようやく動きはじめた。遠慮がちな動きで、確かめるように律動する。
「あっ、あぁあぁっ!!  気持ちいい……っ」
  それは痒くてたまらないところをかいてもらったような気持ちよさだった。はじめてのときとぜんぜん違う。
  大地は聞きかえした。
「ほ、ほんとうに?」
「あぁっ、はぁっ……んっ……んんっ……ぅうっ」
  亜由は、甘い嬌声を放ち悶えるばかりで、大地の問いには答えてくれない。
  突きこむときに、エプロンのヒモが交差するメイド服の背中が、ブルブルッとふるえる。きっちり服を着ているのにもかかわらず、お尻だけ出してセックスしているというのは、ひどく扇情的だ。
「うっ、くっ……ほ、ほんとうに、いいんだ?」
  ――僕って、ちょっとすごいかも……。
  あこがれの存在だった学園のマドンナとセックスし、彼女に快感を与えている。
  征服感と満足感と充足感がないまぜになった感情が荒れ狂い、亜由をもっともっと気持ちよくさせてやりたいと思ってしまう。
「あっ、んんっ……はぁっ……いいっ……お、奥、いいのぉっ……あぁっ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧