新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

My姫

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
私が本物の姫様だと知って、驚いた?
ハーレムレッスンの教育係だと思ってホント、好き放題シテくれたわね……フェラする私にいっぱい呑ませて、侍女の衣装で露出デートまで☆
高貴な私を何度も何度もイカせたでしょ!反省したら……僕は生涯カリンさんしか愛さない、ってプロポーズなさい☆
立ち読み
☆お姫様のくちびる奉仕☆
  いきり立った男根を、じゅっぷりと熱い口唇に含まれているだけでもたまらないのに、カリンはなんとペニスを吸いはじめたのである。
「んっ、ちゅぱっ、ちゅるるっ……んっんんんっ……はぁっ、はふぅ……っ」
  舌が敏感な裏筋を刺激しながら男根を押しあげて、上顎のざらざらしたところにペニスの表側が密着する。熱い唾液がとろととからみつく。肉茎に歯が当たるときのチリッとした熱さがスパイスになり、腰の奥で熱い溶岩が煮えたぎった。
  ほっぺたの裏側のすべすべの粘膜が押し寄せてきて、早く精液をちょうだいとばかりに吸引する。
「うっ、ご、ごめんっ、カリンさんっ。うわっ」
  口のなかで射精してしまうなんて失礼だ。今すぐ出さなくてはならないと思っていたにもかかわらず、精液を吸いだそうとするかのようなフェラチオに、我慢できるわけがない。射精までもうすぐだ。有人は焦って体を悶えさせた。「ちゅぱぁっ、ちゅっ、んんっ、はぁ……あ、んっ、ちゅるるるっ」
  有人の様子が変わったことに気づいたカリンが、さらに激しく吸引した。それがきっかけになり、ついに射精がはじまった。
「で、出るっ、ごめんっ!!」
  女の人の口のなかに射精をしてしまうことに、申しわけなさとうしろめたさを感じながらも、我慢していたものを解き放つ感触は、おそろしく気持ちがよかった。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧