新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

Myメイド 洋館の女中さん

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
すみれは、ずっとアナタのメイド☆  ハート
没落家元お嬢様は、薔薇の館で奉公中。
頑張る少年ご主人様に処女を捧げて、応援ご奉仕☆  
花笑むような笑顔でフェラしてほしい?  
それとも大和撫子な私を思う存分、乱したい?  
強気なお嬢様メイドが腕の中で百花繚乱☆
何度もイカせてくれなきゃ許さない!
立ち読み
☆キラキラ  恋と初体験☆
  ――や、やだっ、な、なんでっ?  キラキラ、キラキラ、すごく綺麗……っ。
  すみれはあわてた。
  目の前がキラキラする。恋に落ちたときとそっくりだ。
  すみれさんが作ってくれたものなら毒でも食べると柊が言ったとき、きっとあのときに恋をしたのだ。
「ああっ、あっ、柊っ、んっ……んんっ、はっ、はぁはぁっ……好き、嫌い……好きよ……」
  それはすみれを圧倒するほどに綺麗だった。
  柊が抜き差しするたびに、好きがいっぱいに身体に満ちて、視界いちめんがキラキラで埋め尽くされる。
「うーっ、うぅっ」
  柊はうなり声を上げながら、上から押しこむようにして律動している。
  感じやすいPスポットがゴツンゴツンと叩かれて、子宮がキュンキュン甘く痺れる。
  身体全体が奥から痺れるような快感は、はじめて味わうたぐいのものだ。
「あぁあああっ」
  ガクンガクンとケイレンする。
  もう苦痛はまったくなく、甘い痺れがあるだけだ。
「うっ、すみれっ。すみれぇっ」
  柊の動きが速くなるにつれて、子宮のキュンキュンがどんどん激しくなってくる。亀頭が膣奥を抉るときの、ズウンと痺れるような快感がたまらない。
  子宮がかぁっ熱くなり、子宮頸管粘液がドブドブあふれる。
  振り回される感じがして、どこかに行かされてしまいそうだ。
「柊っ、柊!  あぁっ、はっ、イキそうっ。……あぁああっ」
「お、僕も、もうすぐ、だっ」
「欲しいよっ。柊っ」
  女の本能としか言えない部分で、身体がなにかを欲しがっていた。
「柊の、精液が欲しいの!」
  すみれは腰を高く上げ、膣ヒダを意識的に締めつけた。

「うっ」
  柊はいきなり射精した。
  ドブッ!
  膣ヒダの中で亀頭がハネるように動きながら、熱い精液を吹き出す。
  あわてて男根を押しこんで、子宮口に密着させて射精する。
「あっ、熱いっ、あぁっ、気持ちいいぃ」
  膣ヒダがジャバラのポンプのように、キュウと締まった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧