新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

My先生

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「緋奈先生がキミに勇気をあげる☆」
ハートフワフワGカップに包まれて──
プルプル唇にフェラされて──
バージンな体育会系家庭教師と夢のような初体験。
後背位で、お尻で、何度も乱れてイッちゃう緋奈のおかげで
どんどん自信が湧いてくる!  
甘いレッスンの理由を知って、ますます先生が好きになる!
立ち読み
☆先生と初体験!☆
「くっ、くっ、くうぅっ!!」
  真人はさらに激しく腰を使った。
  外で出さなくてはと思うものの、この温かい膣ヒダから抜きたくなかった。
  もう一回だけ、もう一回だけと思いながら、子宮口を押しあげる勢いで腰を使う。
  かぁっと腰の奥が熱くなり、煮えたぎる溶岩が、出口を求めて荒れ狂った。
  最後のひとつきのつもりで膣奥深く埋めたとき、いきなり射精がはじまった。
「うぅっ!  で、出ちまった」
  ――抜かなきゃ、外で出さなきゃ、先生に、悪い……。
  真人は、射精途中の男根を抜こうとした。
  だが抜けなかった。
  膣ヒダが吸いつくように蠕動して、男根をくわえこんできたからだ。
「ご、ごめん」
「いいのよ」
  緋奈の温かい手が、真人の後頭部をナデナデする。
「平気だから」
  申し訳なさがふわりと溶けた。
  安全日というやつなのだろうか。
  真人は、さらにぐぐっと奥に入れて、思いきりよく射精した。
  子宮に直接注入するようにして。
  女の本能が精液を吸いこもうとしているのか、膣ヒダが蠕動するのが心地よい。
「うっ、うっ」
  びっくりするほど長く続いた射精がようやくのことで終わった。
  緋奈は、お姉さんみたいに笑っている。
  かわいくて愛しくて、マリア様みたいに見えた。
  真人は緋奈の鼻の頭にキスをしてから、そっと男根を抜いた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧