新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

催眠☆学園

本を購入

本価格:680(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:680円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
 この催眠アプリがあれば復讐できる!
イジメっ子お嬢様・琉華、裏切り者の
幼なじみ・鈴音、冷たすぎる宮子先生。
僕を苦しめたみんなを孕ませてやる!
処女懐妊、強制奉仕、全裸通学、破瓜
独占……学園は狂気の世界へ。ボテ腹
にされた琉華たちに逃げ場はない!
「許して! 一生、奴隷になるから」
立ち読み
☆復讐は孕ませ☆
「んっ……そんなに急かさなくてもいいよ。うっ、うぅ……一度出してるから、それなりに長保ちするかと思ったんだけど相羽さんのオマ×コが気持ちよすぎて、実はもう我慢できそうになくて……」
「……えっ?」
 琉華はその言葉の意味を瞬時に理解した。
 幸正の肩が、小刻みに震えていた。
 痛みに紛れて伝わり難いが、膣内で断続的に脈打っているのにも気がついた。
「ぅ、んぅ……せっかく相羽さんもその気になってくれたのに、ね」
「ふぅ、うっ……え、私が? 私は、早く終わってほしいだけで……っ」
 自意識過剰にもほどがあるだろう。 
 先ほどから自分本位に動くばかりで、相手のことなど考えていない。
 それで悦ぶ女などいるはずがない。
 度し難い思いこみには辟易する。
 すると幸正は、琉華の反応に意外そうな顔をする。
「もしかして、気づいてない? 制服、すごいことになってるのに?」
「……? ――っ、なに……これ?」
 抽送に合わせてたゆんと弾む巨大な柔肉。
 その頂の周辺の布地が、色濃く変色していた。
 激痛の走る結合部ばかり意識していたために、胸の異変に気づけなかった。
 汗にしては不自然だ。
 先のフェラチオの際に滴った涎にしてはシミが大きすぎる。
「こんなにおっぱい噴かせて……なんだかんだ言っても興奮してたんでしょ?」
「ち、違っ……苦しいだけで、私は感じてなんて……っ!」
 今も強い痛みに苛まれているが、仄かに香る甘さは汗や唾液ではありえない。
 ベットリと濡れて肌に張りつく感触は、大量の乳汁が分泌されたことを示していた。
「いやいや、相羽さんがそう思いたいだけで体は悦んでたんだよ。僕に女にしてもらったから、これで本物の赤ちゃんを授かれるって」
「あ、ありえませんわ!」
 冷静に考えれば、その母乳も幸正による仕込みだったのだろうが、肉体の予想外の反応に驚いた琉華は思わず叫んでいた。
「相羽さんの体は正直だねぇ。ふふっ……ならリクエストに応えて、見た目こそ大きいけどカラッポのボテ腹に、本物の子供を仕込んであげないとねっ」
 幸正はその慌てる様を見て微笑むと、前のめりに倒れこんでしがみついてきた。
「待って! わ、私はまだ母親には……!? んぃ、いやっ、ダメぇえ!!」
 一度の膣内射精で妊娠に至る可能性は高くないと、今し方まではそう高を括っていたが、彼が本気で子種を仕込むつもりだと理解すると、たちまち恐れ戦いた。
 かすかに男根が膨らんだ気がした。
 体が強張ると、肉棒を咥えていた膣粘膜も無意識にキュッと縮まってしまう。
「ぅあ……っ! で、出るぅ……んぐっ!!」
 幸正が呻き声を漏らすと亀頭を膣奥へ挿入し、そのまま躊躇なく吐精した。
「いやぁあああっ!! あぁ、本当に出てますわっ……! ひぃ、ぃ……最低な男の精液が、私の膣内にぃ……!」
 内側から熱いモノが広がっていくのがわかる。
 あまりのおぞましさに無様な悲鳴をあげるが、どれだけ嫌がったところでどうすることもできなかった。
 すべてが吐き出されるまで、待つしかない。
「相羽さんを孕ませたくて、さっきよりもたくさん出てるよぉ……ぉおっ!」
 大量の子種で下腹部が圧迫されているのがわかる。
 体の奥まで自分が汚されていく。 
 やがて射精が治まると、幸正は晴々とした表情で琉華から身を離して肉棒を抜いた。
 するとポッカリと開いた膣口から、鮮血の混じった白濁液が溢れ出す。
「うぁ……ああ、ぁ……なんで、こんなことにぃ……」
 ようやく解放された安心感と、見下していた男に蹂躙された絶望に、琉華はぐったりとしたまま起き上がる意思さえ沸かなかった。
 快感とはほど遠く、なによりも妊娠への恐怖が渦巻いていた。
 これまでの人生で間違いなく最低で最悪の時間だった。
「どうだった、初めてのセックスは? 僕も初めてだったから至らない点もあったと思うけど」
 逆流する精液を眺めながら、幸正は満足そうに言い放った。
 琉華は息も絶え絶えながら、辛うじて睨み返す。
「いつか、後悔させてあげますわ……っ」
「う~ん、残念。まだ相羽さんと打ち解けるには時間がかかりそうだね」
 精いっぱいの強がりに、彼は嬉しそうに微笑んだ。
 これで終わりではないと。
 
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧