新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

金色狼な妹と新婚スローライフ

本を購入

本価格:680(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2017/11/17
    ISBN:
    9784829664148
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「お兄ちゃん、私のせいでごめんね」

狼の獣人と知られ村を追放された妹と

山へ逃避行。涙を浮かべるグリッタと

初体験!「えへへ。幸せ、夢みたい」

混浴イチャイチャH、発情もふもふH、

妹嫁と幸せチートな新婚スローライフ。

「お兄ちゃんの子、私に生ませて?」

勇者として守るべきは妹の笑顔だけ!

立ち読み

☆山奥で初体験☆

「えへへ。幸せ。夢みたい。死んでもいい」

 グリッタは、幸福感と達成感でいっぱいになっていた。一生叶えられないと思っていた夢が叶った。村から追い出されても、兄と一緒ならかまわない。

「もう、痛くないのか」

「うん」

 声を出すと腰に響くが、今はそれほど痛くない。身体の内側をいっぱいされる息苦しさのほうが強い。喉から亀頭が出そうなほど深く埋められているのだから当然だ。

「私、お兄ちゃんの恋人だよね?」

「ああ」

「やったぁ、私、お兄ちゃんの恋人だぁ」

「動いていいか?」

 なんのことかわからずあいまいに頷くと、兄が腰を引いた。

 好奇心に負けて結合部を見たら、金と黒のヘアが絡み合うところが見えた。金はグリッタ、黒は兄だ。

 いっぱいに口を開いた自分の秘唇から、鮮血の筋がついた肉茎が引き出される。

 こんな大きなものが入っていたなんて信じられない。

 ペニスが後退する感触は心地よくて、はぁっとため息をついた瞬間、亀頭がヌプヌプッと奥に入り、再び膣奥を突き上げた。

「ぐっ……」

 グリッタはうめいた。破瓜のときより痛い。まだ血を流している処女膜が擦過される。膣奥を亀頭で叩かれる瞬間、背筋にビインと衝撃が走り、息が止まりそうになる。

「ひぃんっ……えぐッ、い、痛い……あぁあ、お兄ちゃん……っ」

 傷ついた処女膜にヤスリをかけられている気分だし、身体全体が揺すりあげられて、目のうらがチカチカするし、振り回される感じで、何がなんだかわからない。しっぽが自分のお尻で圧迫されるのも痛い。

「だめぇえ、お兄ちゃん。い、いや……いや……っ、痛い、痛いよぉっ……えぐっ……、えぇんっ、ひくっ」

「やめようか?」

 リヒトは動きを止めた。

 あまりの痛がりようにかわいそうになったのだ。

 彼女のなかに精液をぶちまけたいという思いはあるが、自分の欲望よりも妹のほうが大事だった。

「やめちゃだめぇ……。大好きなの。お兄ちゃんの恋人になるの、夢だったのよ」

 涙がいっぱいに溜まったキラキラの瞳で見上げられ、胸の奥がぐっと来た。

 妹は、背中をきゅっと抱くと、下肢を腰に巻きつけてきた。もっとして、という感じだ。

「う、わかった。速く、するよ」

 彼女の身体を気遣ってそうっとするよりは、さっさと終わらせたほうがいいと考えて、腰をぶつけるように律動した。

「あっ……あぁっ、んっ……んっ」

 グリッタは痛そうに身体を硬くしている。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧