新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

純情なサキュバスだっているんです!

本を購入

本価格:680(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2018/02/16
    ISBN:
    9784829664216
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「私、サキュバスなんです!」同棲希

望の亜人少女から衝撃告白! だけど、

カレンは処女で純情で恥ずかしがり屋

。 赤面羞恥の食事フェラ、前は許さない

お尻エッチ、ヤキモチ焼いてお仕置き

プレイ! 世間の好奇と誘拐の危機を

乗り越えて迎える、心を結ぶ初体験!

カレンはアナタ限定恋人サキュバス!

立ち読み

☆食事フェラチオ☆

(!!! すごい、咥えただけで、身体が蕩けちゃいそうです)

 ドキドキと高鳴る胸と、きゅんきゅんと疼く子宮。そして蕩けてゆくアソコ。触れてもいないのに、ぱっくりと自分の入り口が開いてしまっているのがわかる。

 そこからとろりと愛液が溢れ出していることも。

 ――ああ、やっぱり、これが欲しくてたまらなかったんです。

「い、いきなり……んんっ!」

 突然の感触に驚いたのか、龍斗が腰を引こうとする。でも、逃がさないとばかりに、カレンは一気に根元まで龍斗のオチン×ンを呑みこんでいく。

 自分の口の中に龍斗がいる。

 口の中を満たす他者の体温。ぴくぴくと震えるオチン×ンの感触。蕩けてしまいそうになる味と匂い。

 何もかもが初めての経験で、カレンを昂ぶらせていく。

 でもそれ以上に、カレンを満たすモノ。それは、満足感と多幸感。

 それはきっと、相手が龍斗だからだ。

 龍斗の精液だから飲みたくて、龍斗のオチン×ンだから口にしたいと思った。

 だからこんなに嬉しいのだろう。

(もっともっと、龍斗を感じたいです)

 今のカレンは一時的に空腹感を忘れていた。

 ただ、龍斗を感じたくて、ゆっくりと舌を這わせる。

「んむっ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ、んんんっ!」

「うわっ! し、舌が絡みついて……んんっ!」

 カレンの舌が龍斗の敏感な場所に触れるたびに、彼のオチン×ンがぴくっと震える。

 そんな姿さえも愛おしくて、カレンの中に温かなモノがこみ上げてくる。

(これが、龍斗なんですね……ずっと、こうしていたい……でも、一度この感覚を知っちゃったら、後戻りできなくなっちゃうかもです)

 丹念に丹念に舌を這わせ、自分の唾液を塗りたくりながら龍斗のオチン×ンの味と形を確かめていると、やがてトロリとしたモノが、龍斗の先端からにじみ出してきた。

「カ、カレン……んんっ!」

「ん……? これが龍斗の味……?」

 精液とは違う、でも龍斗のアレから溢れ出してきた体液。

「んむ……ちゅっ……ちゅっ……ん……んんっ!?」

 それを音を立てて啜ると、まるで全身に電気が走ったような感覚に襲われた。

「ふあぁっ!」

 その味に、思わず甘い吐息が溢れてしまう。

「カ、カレン? ど、どうした?」

「す、すごいです……これが龍斗の味? んっ、ちゅっ……ちゅっ、ちゅっ、んくっ、ちゅぅっ! こんなに美味しいなんて……ん……んむっ、も、もっと……んくっ」

 精液とは違う、でも龍斗のアレから溢れ出してきた体液を、音を立てて啜る。

「うわっ、ちょっ、すごい、気持ちいい」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧