新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

信長とセーラー服 時をかける大和撫子

本を購入

本価格:720(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2018/04/18
    ISBN:
    9784829664278
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「信長くんが好き……」お嬢様学校へ

通う一条静香は“時をかける少女”!?

戦国時代を行き来して、恋した相手は

織田信長。爺・平手政秀の諫死を嘆く

青年信長を慰めて初体験! 那古屋で

岐阜で安土で、愛する人を追いかけて

……身も心も巨乳も捧げる大和撫子!

本能寺の変、恋の奇跡は起こるのか?

立ち読み

☆信長と初体験!☆

「はっ、あぁ、いたい、あぁ……っ、いたい、ぃ……っ!」

 信長の巨根が、小さな膣孔を無理矢理押し広げて突破していく。

 まさに『犯されている』という言葉がしっくり来るだろう。

 ぷっくり膨れ上がった巨大な肉傘が、子供じみた膣孔を開拓し、膣壁密度が極めて高い淫孔を押し伸ばしていく。

 それは苦痛だった。混じり気なしの、圧倒的な苦痛にほかならなかった。

「や、あ……あぁ……っ!」

 自分と同じ苦しみを味わっている信長を受け入れてあげたい。

 その想いは未だに変わらない。しかし口から出てくるのは、先ほどまでの快楽交じりの喘ぎ声ではなく、ただひたすらに痛々しい苦悶の声だった。

「いぎ……っ、ぁ、あぁ……っ」

 静香の身体は、本能的に身を守ろうとして逃げ出そうとする。

 だが信長にがっしりと腰を押さえられることもあって、もはや逃亡は不可能だ。

「う、あぁ、ひっ、ふぁあぁ……っ!」

 このまま止めれば痛いだけで終わってしまうし、ゆっくり進めば痛みの時間がいたずらに増すだけだ。

 男は着実に静香を貫き続け、ついに処女膜を突破して一気に深く腰を埋めてくる。

「いっ、ひぁ――ッ!?」

「……くっ」

 静香の膣の終着点である子宮口。そこまで処女地を開拓しきった青年は、少女の肩に両腕を差し入れ、ギュッと抱きしめた。

「これで、お前は俺のおなごだ」

 頭を優しく撫でられながら、静香はそんな声を聴く。

 本当は同じようなことをしてあげたかったのだが、身体の中心を文字通り杭打たれていることもあって、身動きひとつ取ることができずいる。

「すまぬな、痛い思いをさせた」

 信長が謝罪しながら、強く抱きしめてきた。

 身体が圧迫される感覚が気持ちいい。

 痛みもあったが、何よりほっと一息つけたのが嬉しかった。

「許せ、おなごのはじめては痛いものだ。次はしっかりよくしてやるからな」

 次回があることを、信長はまるで疑っていないらしい。

 そして彼はゆっくりと腰を動かしはじめる。

 グロテスクな雄々しい肉棒を静香の狭孔に出し入れし、快楽を貪りはじめたのだ。

「いっ、いたい……のぶなが、くんっ……まって、ください……っ!」

 だが信長の腰が止まる気配はない。

 お前のはじめての相手はこの俺なのだと、そう刻みこむようなピストンだ。

「あ、あぁあぁっ、ひっ、痛っ、いっ、ひあぁああぁっ!」

 アズールブルーの瞳を固く閉ざし、静香は股座から全身に響く痛みに耐える。

「静香……静香……っ」

 だが、すぐにうっすらと目蓋をあけていた。

 こちらの存在を確かめるように呼びかける、信長の声が耳に入ったからだ。

「お前の膣内、ものすごく締まりおるぞ……! やはり、すべてが最高の女だったのだな……!」 

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧