新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

救国征戦記 首輪の剣姫と鬼の王

本を購入

本価格:720(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2019/06/18
    ISBN:
    9784829664698
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「あなたの赤ちゃんが欲しいのぉ!」

剣姫アイリスが鬼の王レグルスへ――

中出し請願。首輪を嵌められた奴隷王

女と、国の命運を託された鬼の奴隷王。

誤解ですれ違った主従が挑む救国戦争。

処女征服と連戦! 快感絶頂と陰謀!

身も心も結ばれて戦局は最終血戦へ!

美少女文庫史上、最強最熱の本格戦記。

立ち読み

☆誤解の果て☆

 レグルスはたわわな豊乳を握りしめる。もっちりして柔らかな感触は総毛立つほど心地よかった。乳房を捏ね上げれば、弾かれる。その弾力を楽しみつつ、乳房の頂きを締めつけた。

「ぁあんっ!」

 アイリスは上擦り声を上げた。

「アイリス、見ろ。お前の乳首、こんなにもいやらしく尖ってるぞ」

「い、言わないでぇ……あんっ!」

 汗ばんだ乳房は張りと柔らかさが同居して、手に甘く吸いついてくる。

 その双つの母性の膨らみを好きにできていることが、雄としての征服欲求を満たしてくれるのだ。

 乳房を弄べば、まだまだ強張りの残っている膣肉が男根を締めつけてきた。

 少しでも気を抜けば、それだけで子種をすぐにでも絞り出されてしまいそう。

「お前のおま×こは最高だぞ。きゅうきゅうと俺のち×ぽにしがみついてくる」

「う、うるさい! 早く、抜いて!」

 アイリスは処女を散らされた屈辱に、目の端に涙粒を浮かべていた。

 その被虐美に輝く姿に腰が疼く。

「動くぞ」

「え? ま、待って……」

 問答無用とばかりに腰を引けば、「ぁああ!」とアイリスは声を上げる。

 半ばまで引いたところで再び奥――子宮口を穿つ。

「ああああん!」

 肉柱は愛液と破瓜血でネットリとぬめ光った。

 レグルスは腰が引けるような疼きと同時に、これまで感じたことのない力のうねりを感じていた。

 かつて二人の関係が良好だった時、あの頃は与えられるものを受け入れるだけだったが、今は奪い去っている。

 魔導刻印の証である、レグルスの胸元に刻まされた『翼』の印が熱を帯びた。

 アイリスに対する想いとは真逆の行為であるはずなのに、腰が止まらない。

「レグルス、やめてっ! そ、そんなに乱暴にされちゃったら……ひいい、こ、壊れちゃうッ!」

 アイリスの哀願の声を無視して、腰を叩きつけると同時に、彼女の唇を塞ぐ。

 舌をねじ込み、彼女の舌を甘噛みしつつ、抽送の勢いを強くする。

「んっ、んぁっ、はぁっ、んんっ、んうぅぅっ!」

 アイリスはレグルスの背中に腕を回して抱きつき、爪を立ててくる。

 胸板に押しつけられた麗乳が潰れ、乳首の凝った感触が心地いい。

 アイリスは小鼻を膨らませ、苦しそうな息遣いを交えながらも、舌を求めてきた。

 そうすることで下半身の違和感や痛みを必死に堪えているようだ。

 それでも彼女自身から求めてくれることへの喜びは深かった。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧