新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい1 ~余はパンツが見たいぞ~

本を購入

本価格:1300(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:1300円(税抜)

獲得ポイント:14pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

サークル・アニマルマシーンの『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』がまさかの小説化!

超人高校生イッセーを衝き動かすのは「パンツ見たい」欲望

すべてのフラグをへし折り、ひたすら求めるのはパンツのみ!

完璧メイド、純情ギャルJK、本屋さんと攻略して、

「冥界」へ舞台を移しても――嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい!

立ち読み

#01-01. メイド 伊東ちとせ

 カーテンが半分ほど開いた隙間から、光が差しこむ。

 光と影の交差するその場所で、椅子に腰掛けた男は、午後のゆるやかな時間を過ごしていた。

 ――余はパンツが見たいぞ。

 ふむ……?

 唐突に心に浮かんだその気持ちを、彼は不思議に感じた。

 部屋の中では、メイドが紅茶を淹れている。

 漂ってくるその香りから、本日の葉を予想することが、彼のひそかな愉しみとなっている。

 彼の名は、豪徳寺一声――。

 公立高校に通う十七歳であるが、この屋敷の主でもある。

 屋敷も、敷地も、室内の豪華な調度品も、ありとあらゆるすべてが、彼――イッセーの所有するものだった。十二の時点で当主を継いで以来、財閥のすべては彼の手の内にある。

 メイドは――子供の頃から仕えてくれている女だった。歳は、イッセーよりもいくつかは上のはず。

 はっきりとは知らない。

 前に訊ねてみたことがあったのだが、そのときに、なぜか叱られてしまった。

 いわく――。「女性に年齢を訊ねるのは失礼なことですよ」とのことだ。

「お坊ちゃま。――スコーンのジャムは、マーマレードでよろしいですか?」

 メイドが訊ねる。イッセーは沈黙を持って答えた。

 気心知れた間柄だ。それで肯定と伝わる。

 彼女――ちとせの作るジャムはすべて手作りで、なかでもオレンジのマーマレードは絶品なのだ。

 ちとせは紅茶を淹れ、ケーキを切り分けてゆく。

 腰を支点に上体が動く。黒いメイド服のスカートに包まれたその腰は、女性らしい丸みを帯びていた。

 その腰に、どうしても目が吸い寄せられてしまう。

 これまでの人生において、一度も覚えたことのない、〝ある感覚〟が湧き起こる。

 メイド服のスカート――。さらにその内側――。

 そこにあるはずのもの――それが見たい。

 ――余はパンツを見たいぞ。

 その衝動には、およそ、抗いがたい強さがあった。

 うん。見たい。なぜだか見たい。

 その気持ちを、そのまま口にすることにする。

「余はパンツが見たいぞ」

「……は?」

 ちとせは手を止めて、こちらを振り向いた。

 口をぽかんと開けている。

 天才であるイッセーは、凡人のこうした反応には慣れていた。凡人に対しては、同じことを繰り返してやる必要があるのだ。

「余はパンツが見たいぞ」

「……はい?」

 ちとせはまたも同じ顔。目を大きく開いている。

「三度も余に同じことを言わせるか……。まあいい。他でもないおまえだからな。もう一度だけ言ってやる。――余はパンツが見たいぞ」

「あ、あの……。お坊ちゃま? そういうご冗談は、あまり――」

「冗談ではない。――余が冗談を言ったためしがあったか?」

「いえ――。ありませんけど――。ないですけど――」

 ちとせはしばらく考えこんでいた。

 そして顔を当げると、消えそうなほどに頼りない笑顔を浮かべながら、イッセーに言う。

「お坊ちゃまも、そういうことにご興味を持つお歳になったのですね」

「いいから早くパンツを見せろ」

 ちとせの表情がぴきりと固まった。わずかに残っていた笑顔も、完全に消え失せる。

「お坊ちゃま……。冗談ではないと理解しましたけど。でもそれってセクハラですよ。いえ。お立場を利用されていますから、これはもうパワハラですね」

「そういうものか」

「最近はそういうのは問題になるんです。大問題です。お坊ちゃまは豪徳寺グループを治められるお立場なのですから、気をつけていただかないと。私だから冗談で済みますけど。他の使用人にそんなことを言ったら――」

「だから冗談ではないと。――二度目だぞ?」

「いまなら冗談で済ませてあげます、と、そう言っているんです。――はい! はいはい! 紅茶が冷めてしまいますよ」

 紅茶が出された。

 オレンジのマーマレードの塗ったスコーンが添えられている。

 紅茶を口に含み、スコーンを口にする。何度かそれを繰り返しつつ、ポケットからスマホを取り出した。

 十数文字ほど書く。指示を送る。

 送信。――と。

 待つほどもなく、廊下を騒がしい声が近づいてきた。

「失礼しまーす! お坊ちゃま! 言われた物を持ってまいりましたーっ!」

 がらがらがら、と台車を押して、別なメイドが部屋に入ってきた。

「なんですか。菜々子。まったくもう……騒々しい」

 ちとせは眉をひそめて、後輩メイドをたしなめる。

 だが肝心の本人は――。

「――あっ先輩っ! あっティータイム! あっ紅茶! スコーンもっ! いいなー! いいなー!」

 菜々子は運んできた台車もうっちゃって――テーブルの上の紅茶とスコーンに目がロックオンしている。

「持ってきた物をそこに置け。……そうだな。縦に積み上げろ」

 イッセーはそう言った。だが後輩メイドの菜々子は動かない。ていうか、そもそも聞いちゃいない。目はお菓子にロックオンしている。

 イッセーはしばし思案してから、こう言った。

「仕事を終えたら、紅茶とスコーンを食ってよし」

「はい! 積むんですね! 縦積みですね!」

 菜々子が動いた。さくっと動いた。素早く動いた。

 台車に乗せて運ばれてきたのはスーツケース。その中からレンガぐらいの大きさの物体を握って取り出し、どんどんと、重たげな音を鳴らして床に置く。

 縦積みしてゆく。

「えっ……? お金?」

 先輩メイドのちとせが、ぎょっとした顔になっている。

 菜々子が手で掴んでは積み上げている、それは――札束なのだった。

「立場を利用して強要するのは、セクハラだと言ったな。では正当な報酬を払うぞ。おまえが我が家に雇用されていることは知っている。……よくは知らんが、〝給料〟なるものが支払われているそうだな。この仕事が業務外であるなら、特別な〝報酬〟を支払おう。……とりあえず、おまえの背丈と同じ高さでよいか? ――菜々子。そこでストップだ」

「はーい!! 先輩の身長一六〇センチまで積みましたー!!」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧