新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

国王になったが妹は俺を嫌うし、国庫は大赤字で大変です

本を購入

本価格:760(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:760円(税抜)

獲得ポイント:8pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

妹姫のローズとエッチしながら赤字国家立て直し!

 

王女の忘れ形見として庶民の俺がいきなり国王に!?

血の繋がらない妹のローズ姫には嫌われているが、

財政をなんとか再建しないと……次々と奇策を出す

俺に妹姫も心を開いて……誘惑フェラと捧げられる

初体験! 温泉で、お尻で、エッチを重ね深まる絆。

ジャンル:
萌え | | 温泉H | ツンデレ | 調教
立ち読み

☆妹姫と初体験☆

「ふん♡ ふんふんっ♡ は、早く♡ 続き、しなさいよっ! 痛いんだからっ♡」

 ヴァイセは彼女の太腿を持ち直すと、本格的に律動をはじめた。

 処女を感じさせるなんて無理だから、さっさと射精して終わらせよう。そう思ったのだ。

「んっ……、はぁ♡……んんっ……はぁっ、はぁはぁ♡……ひくっ」

 破瓜したばかりの膣洞はキツキツで、ヒダのツブ立ちも鮮明だ。

 王宮のベッドは上等で、ギシギシ音がほとんどしない。その代わり、ローズの苦しそうなあえぎ声と、粘膜がねちゃつく音、腰を打ちつけるときのパンパンという音が、やけに大きく聞こえてくる。

「う、……うぅっ……あぁ。痛い……ひぁっ」

 ローズが痛がっている。ヴァイセまで痛くなってしまう。目の前でぷるぷると揺れている大きな乳房を見つめながら、力なく投げ出されている妹の手を握った。

 そのとき、反応が変わった。

「あっ、あぁっ、……いいっ、いいのぉっ!」

「えっ、えっ? ど、どうしたんだ? いきなりっ!?」

 ペニスを押し出すように動いていた膣ヒダが、ペニスを呑みこむように蠕動する。

 妹の両足が、背中に巻きついてロックした。

「だ、大丈夫かっ、痛くないのか?」

「気持ちいいっ」

 子宮頚管粘液がドブッと出た。

「うぉっ」

「あぁっ! あぁっ、感じるっ!! いいっ、いいのぉっ」

 ローズが感じてくれている。頭の芯がぼうっとするほどにうれしい。身体の奥が熱くなる。

 ヴァイセは動きを速くした。

 もう射精寸前だ。

 グッグッグッとペニスを押しこむ。

 にゅるにゅるの熱いヒダが、肉茎に巻きついては離れる感じが最高だ。子宮口の硬いところを、亀頭でごりっと抉った瞬間、またも子宮頚管粘液が出た。

「イっちゃうぅうーっ」

 ローズは両手をしっかり握りながら、ガクンガクンと震え出す。

 まるで吸い出されるような肉洞のうごめきに、内圧が一気に高まる。

 ドバッ!

 射精した。

 いきなりだった。もう少し余裕があると思っていたのに。

 やばい。抜かないと。

 だが、ローズが下肢を腰に巻きつけているので、膣外射精ができない。

 射精の瞬間の、空に向かって飛び上がるような、それでいて地の底に落ちこんでいくような快感に、何も考えられなくなってしまう。

 ドクドクッ!  ビュルルッ、ドビュッ!!

 長いような短いような時間が経過した。

 ようやく射精が収まった。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧