新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

悪魔お姉ちゃんの愛なるもの

本を購入

本価格:760(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:760円(税抜)

獲得ポイント:8pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

瑠貴姉ちゃんに、透也くんの願い事――教えて!

 

お姉ちゃんと……えっちしよ? 悪魔とのセックス

でしか、きもちよくなれない身体に変えちゃうね?

魔族のアソコ、忘れられなくなる呪いを、かけてあ

げるね! 何度射精してもぶっかけても収まらない、

姉なる悪魔に搾りに搾られる二人だけの幸せな日々。

ジャンル:
萌え | 淫魔 | 触手 | | 人外
立ち読み

☆分身弟に囲まれて☆

 もう完全にどうにかなって、よがり狂っている瑠貴に、両脇から新たな二本のおちん×んがなすりつけられた。

 言うまでもなく、先ほど追加された新しい二人の透也の分のおちん×んである。

「……ぁ。あっ あっ」

 激しい性運動でも悶える瑠貴の肌に、直接こすりつけられる愛しい透也のおちん×ん。おま×ことアナルを気持ちよくしてくれている、大好きな弟の欲望そのもの。

 なんの刺激もされないままに、しかし瑠貴の秘部の感触で最大限まで膨れ上がった二本の怒張は、しかしひどく寂しそうに見えた。

「はむ……」

 だからもうなんのおねだりをされるまでもなく、瑠貴はその二本に手を伸ばすのだ。

 右の方は、ただ手で握って優しく手コキをしてあげて。

 左の方は、左手で優しくしごきながら、さらに先っぽを口で咥えて、舌で先走りを垂れ流す鈴口をレロレロと舐め回してあげる。

 もう完全に本能に突き動かされての反応だった。

 だって、もう、透也が、こんなにも瑠貴を気持ちよくしてくれているのだから。

 それがただただ嬉しくて。たまらなくて。泣きそうで。

「っ……瑠貴、姉ちゃんっ、きもちいいっ?」

 そう問いかけてきたのは、どの透也だろうか。

 わからない。もう何もわからない。

「んぁ、っ、はう、んん、ちゃ、あ んんっ はう、ぁっ うん、うんっ きもちいいっ きもちいいよぉっ きもちよすぎてっ んぁぁっ」

 だって、そうじゃないか。

 透也のおちん×んがおま×こを気持ちよくしてくれている。

 透也のおちん×んがお尻を気持ちよくしてくれている。

 透也のおちん×んをフェラで気持ちよくしてあげてる。

 透也のおちん×んを手でも気持ちよくしてあげてる。

(ああ……おちん×んだぁ 透也くんのおちん×んだぁ 好き、すきっ だいすきっ 透也くんっ 透也くんっ 透也くん おちん×ん おちん×ん おちん×ん おちん×ん だいすきだいすきすきっすきっすきっ)

 もはやそれしか考えられない。おちん×んしか考えられない。

 だっておちん×んまみれだから。おちん×ん三昧だから。

 おちん×んに溺れてるから。

(あ、あ……っ ああ……っ)

 そうして――とうとう、最後の時が来た。

「っ、瑠貴姉ちゃん……っ」

「ぼ、ぼくっ、もう、もう……っ」

「射精る……っ」

「あ、だめっ、もう我慢できないっ」

 口々に限界を告げる切羽詰まった透也の声。

 まったく同時に、まったく同じように、透也のおちん×んが、一斉にぶわりと膨れ上がり、ふるふるとせり上がってくる射精の予感に打ち震えて。

「……ぁ」

 そんなの全身で感じさせられたら――もう、瑠貴だって、無理である。

 ――びゅるるっ。びゅるっ。ぶびゅるるる。びゅるるるる。

 まったく同じ脈動をして。まったく同じ勢いで、まったく同じ熱さと匂いをまとって、四本のペニスから精液が吐き出される。

「―――――~~~……っ ああっ んぁぁっ あっ あうっ   だめ、だめだめだめっ こんなのっ いくっ おねえちゃん、あっ  いくいくいくいくっ いくっ ――――ッッ ああああっ」

 おま×こに吐き出されて。

 お尻の奥に注ぎ込まれて。

 口の中にお漏らしされて。

 身体中にぶっかけられて。

 もう本当にわけがわからなくなって。

 ただただ、気持ちよくて。

 ただただ、すごく幸せで。

 本当に身体のどこもかしこも透也の精液まみれになって。

 身も心も透也の精液に溺れちゃって。  

 

 だから瑠貴は、もう完全に、身も心も、真っ白になったのだ。 

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧