新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

天才妹メイドはモルモルエロエロ!

本を購入

本価格:880(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:880円(税込)

獲得ポイント:8pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

兄さんのメイドになって、ご奉仕実験スタートです。

 

白衣の妹メイド・結衣とファーストキスに初体験!

パイズリご奉仕、校内H合宿で兄の心肺を鷲摑み!

天才頭脳と重い愛で尽くしまくりのエロエロメイド。

「好きなだけ兄さんで実験できて幸せです――永久

永遠にエッチしましょう」最強コンビの最高メイド。

立ち読み

☆大好きなモルモット兄さん☆

「結衣、それはダメ。却下。せっかくの機会なんだ、顔を観察させてくれよ」

 もっともらしい理由を挙げるが、当然、本音は別だ。結衣の嬌声と表情を聞きたい、見たい一心で説得を試みるが、拒まれる。

 そして、この間も手と腰を動かし続けた迅に、いよいよ爆発のときが迫る。童貞の迅がここまで堪えられたのは、ひとえに兄の意地のおかげだ。

「結衣、すまん。俺、そろそろ……えっ?」

 膣道から肉竿を引き抜こうとしたそのとき、結衣が枕を放り出した。やはり息苦しかったのか、顔は真っ赤で、汗だくだった。目は涙で潤み、開いた口からは舌がはみ出している。

「結衣も、一緒にぃ……あはぁっ、あっ、イキます、結衣もイッちゃいますよぉ」

 迅は知る由もなかったが、結衣の枕作戦は完全に失敗だった。数十分前、自分が枕に顔を埋めながらオナニーで達していたように、結衣にとって兄の匂いは、脳への、意識への愛撫に等しいからだ。

「ひっ、ひっ、来る、来まひゅ、オルガの波、すぐそこまでぇ……っ」

 兄フェロモンを肺いっぱいに吸い込んだことで一気にエクスタシーを引き寄せた結衣が、両脚を迅の腰をに巻きつける。

「兄さん、出しへ、スペルマ、たっぷりくらさい、結衣のオマ×コに、いっぱい飲ませてぇ……アアアッ!」

 はへはへと舌を出し、ぐいぐいと踵で腰を押す結衣の痴態の前では、兄としての維持や理性など、なんの役にも立たなかった。なにより、怒張を包む媚肉の熱さと柔らかさ、そして淫靡な蠢きが童貞を捨てたばかりの青年には凶悪すぎた。

「結衣、ごめっ……あっ、出る……くああぁ!!」

 膣から抜くどころか、逆に深々と奥まで突き刺し、亀頭とリングが密着した瞬に迅は発射した。指がめり込むほど強く乳房を握ったまま、欲望の白濁汁を妹メイドの子宮へと浴びせかける。罪悪感も後悔も一気に押し流すほどの、凄まじい愉悦だった。

「んあぁっ、来た、ザーメン、来まひたぁ……はううぅ、ダメ、あっ、あっ、イク、結衣も、結衣もイキまひゅ、はあぁっ、ああっ、ああぁ……!」

 迅の射精に合わせるように、結衣の腰ががくがくと震える。アクメを迎えた秘口がきゅうっと窄まり、ペニスの根元を締めつける。そのくせ、膣奥の媚壁はふんわりと柔らかく、放出中の亀頭を優しく包む。

「くひっ、ひっ、精子、奥、当たっへぇ……んひっ、ダメ……頭、溶けりゅう……アアッ、兄さぁん……ンンンンッ!!」

 根元を圧迫されてるせいで、射精がなかなか終わらない。びゅるびゅると不規則に熱い飛沫が噴き出すたびに、子宮口を灼かれた結衣の肢体が跳ねる。

「結衣……っ」

 絶頂によがる妹の胸を鷲掴みにしたまま、迅は人生で最も長い射精を続けた。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧