新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

破滅フラグしかない悪役令嬢は土下座M奴隷没落をご所望です。

本を購入

本価格:836(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:836円(税込)

獲得ポイント:8pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

土下座ハメ乞いドМエンドなんてありえませんわ!

 

わたくし、イセリナは不屈のドS、乙女ゲーの悪役

令嬢なんですわ! 転生したあなたを怒らせ下克上

●●させ、淫紋を刻まれ、破滅フラグを回避してみ

せますわ! 初恋のワガママお嬢様を救うため正ヒ

ロインの前で――失禁&落書き土下座奴隷宣言H! 

ジャンル:
立ち読み

☆破滅ルートにバグ発生!☆

「オヒイィッ、ひぎゅうぅぅ~っ!? オォッ、ンホオォ……子宮に、ケダモノチ×ポが当たってりゅ……。わたくひの高貴なオマ×コがぁ……ラークなんかに埋め尽くされ、支配されてりゅぅっ……」

 どれだけ罵倒したところで従順なペットが本当に牙を剥くとは、心の底では思っていなかったのだろう。

 イセリナは驚きと痛みで大きく目を見開き、口をパクパクさせる。

 一方、ラークもまた初めて味わう牝膣のぬめり蕩ける極上の感触に、たちまち骨抜きになっていた。

「うはあぁぁ~っ……!こ、これが女の子の……イセリナお嬢様のオマ×コの、ナマの感触……。ツブツブいっぱいで、軽くこすれるだけでチ×ポが痺れておかしくなっちゃいそうだ……。じっとしているだけでも、くうぅっ……ヒダヒダが次から次にネチョネチョからみついてきて、気持ちよすぎて頭がヘンになるぅっ……」

 破瓜の衝撃に怯む令嬢とは裏腹に、純潔を奪った相手を値踏みするかのごとく無数の膣襞がネチョネチョとまとわりついてきた。

 穴全体もギュムギュムッと苛烈な収縮を始める。

 目もくらむ圧倒的なまでの快感に襲われ、ラークは堪らずムチムチの豊満ワガママボディにギュウゥッとしがみつく。

 その結果、より二人の肉体は密着し、怒張も膣奥深くまでヌブヌブと填まり込んだ。

「ぬほおぉぉ~っ!? オチ×ポ、さらに奥まで入ってくりゅぅっ! な、なんて身の程知らずなオスですのぉっ。わたくしの純潔を奪っただけでは飽き足らず、高貴な肉体を征服しようとするだなんてぇっ……。ラ、ラーク、身の程をわきまえなさいな! これ以上続けると、ほ、本当に処刑しますわよぉっ!」  さんざん煽っていたくせに、いざ剛直で子宮に狙いをつけられると少女の本能が恐怖を覚えたか、イセリナは必死に身を捩り罵倒を繰り返す。

 しかし自らが用意した拘束具でガッチリと戒められた肉体は牡の逞しい抱擁から抜け出せず、せいぜい手足の指をわずかに蠢かせてもがくことしかできない。

 豊満ボディの痙攣は膣襞の蠕動を誘発し、肉棒にますますの快感を伝えてくる。

 ラークはワガママ令嬢に深く杭打ちしたまま、えも言われぬ快楽に酔いしれる。

「あうぅ、む、無理ですよ。オマ×コ、ギュウギュウ締まってチ×ポを離してくれないし……くあぁっ、ナカに引っ張り込まれるっ。奥のコリコリが先っぽにこすれて、うくうぅぅ~っ! も、もうダメだっ。出るっ、出るうぅぅーっ!!」

 初めての性交による快感で全神経が集まった肉棒の、最も鋭敏な亀頭に擦れる子宮口の感触。

 ラークはブルブルッと全身を大きく震わせ、とうとう滾りに滾った劣情を愛らしくも憎らしい悪役令嬢の膣内へぶちまけた。

 ブビュゥッ、ドビュドビュッ、ブビュルルルーッ!!

「のひいぃぃ~っ!? ぎょぴっ、ぎゃぴいぃぃ~っ!? 出てりゅぅっ、オッオッ、愚民の汚らわしい子種汁が、わたくひの高貴な子宮にビュクビュク注がれていまひゅわぁ~っ!? へおぉぉ~っ、あちゅいぃっ、オマ×コが溶けりゅぅっ。子宮にドロドロと下等なザーメンが溜まってぇ、屈辱的すぎて身体が燃えちゃいますのぉ~っ!!」

 高貴な令嬢とは思えぬ品のない牝声でわめきちらし、イセリナは怒濤の種付け射精に悶絶する。  戒められた肉体では表現しきれない鮮烈すぎる快感を表情で示すかのように、大きく目を見開いてクルンと白目を剥き、ベロリと垂らした舌をビクビクと痙攣させる。  無様極まりないアヘイキ顔を晒す、幾度も煮え湯を呑まされてきたワガママ令嬢。

 ラークは積もり積もった憤りを晴らすかのごとく、ビュクリビュクリと次々に種汁を注ぎ続ける。

「くはあぁぁ~っ! あのナマイキなイセリナお嬢様が、種付けレイプされてぐっちゃぐちゃのアヘ顔を晒して、エロ声で鳴きまくってるっ。本当に中身はドMだったんだ。ヤバイよ、興奮しすぎて射精が止まらないっ!」  さんざん家畜扱いしてきた若牡は、漲る獣欲で今まさに人を超えた射精量を見せ、イセリナの穢れなき子宮を濃厚な種汁でドロドロと埋め尽くし侵食していった。

 するとイセリナの下腹部に描かれたジョーカーマークを塗りつぶすように、ピンク色の大きなハートマークがポワワッと淡く浮かび上がった。

 絶頂に瞳を潤ませていたイセリナはぼんやりと輝く己の下腹部に目をやり、ニタリと歪んだ笑みを浮かべる。

「ひあぁぁ~っ! ラークのザーメンが……淫呪のこもった子種汁が、わたくしの子宮を埋め尽くしてりゅ……悪役令嬢の宿命を、ドロドロに塗りつぶしてりゅぅっ。やった……やりまひたわぁっ! これでわたくひは……忌まわしい運命から解放されましゅのねぇ……。んおぉぉ……イクッ、イクウゥッ! オマ×コが、子宮が、ビクビクよろこんでぇ……レイプで幸せになって、イクウゥゥ~ンッ!!」

 イセリナはグイッと大きく白い喉を反らすと甲高い絶頂の牝鳴きを広い部屋いっぱいに響かせ、豊満な肉体をビクッビクッと激しく打ち震わせる。

 やがて絶頂が脳まで支配したか、痙攣が止まり身体がくたっと脱力する。

 だらしない笑みを浮かべたまま、令嬢は白目を剥いて意識を失った。

 下腹部に浮かび上がっていた子宮を模したようなピンク色のハートマークはいつの間にか消え去り、再び禍々しいジョーカーマークが女体を彩る。

 だが闇を彷彿とさせる濃紫の刻印は、わずかに色が薄まり赤みがかって見えた。

 イセリナが口にした言葉の意味は、ラークにはまるでわからない。

 ただ、犯され穢されているというのに豊満ボディは歓喜に打ち震え、怒張の先端には子宮口が吸いつき嬉々として種汁を受け止めていた。

 圧倒的な膣内射精の快感に溺れてラークもまた全身から力が抜け、汗ばんだ爆乳の谷間にムギュッと顔を埋め、意識を失ったのだった……。

『悪役令嬢の破滅ルートにバグが発生しました。  至急、修正してください……』

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧