新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

卒業
君といつまでも

本を購入

本価格:560(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:560円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

なんだか夢みたいね、これで卒業なんて。ずっと想い焦がれていた同級生の言葉に、心かき乱される少年。離ればなれになったら、君の心も、その清純な身体も、きっと誰かのものになってしまうんだ。

ジャンル:
萌え | 学園 | コスチューム | 純愛
立ち読み

★憧れの同級生とついに……

「入れちゃって、いい?……」
  寛志はそう尋ねながら、さらに左右に脚を開く。
  萌由美は泣きだしそうな表情で寛志を見あげた。
  いつもどこか目が潤んでいる彼女だったが、こんなふうに情感のこもった表情を見るのは、初めてのことだった。
  言葉には出さず、けれども、こくり、と小さくうなずいた。そしてそのうなずきにまた羞じらってしまい、両手で顔を覆ってしまう。
  つやつやと照り輝いている雌芯が、ものすごくありがたく、貴重なものであるかのように思えてくる。もちろん入れたいのはやまやまなのだが、入れてしまうのがもったいないかのようにも感じてしまっていた。このまま、いつまでも遠巻きに彼女のことを眺めているだけの自分でいい……という、逃げ腰な気持ちさえも湧いてくる。
  萌由美には、いつまでも清いままでいてもらいたい気が、していたからだ。
  けれども、いつか、こうやって彼女もヴァージンから卒業していくのだろう。
  だとしたら……。やはり自分が最初の男になりたい、とも思い直す。
「じゃあ……入れるよ」
  彼女の身体の上にのしかかりながら、寛志はそろそろと、肉の幹を差し入れていく。乳房をつかんでいたときはあんなに乱暴だったのに、ヴァギナとなると、壊れ物を扱うかのように、慎重になってしまう。彼女が処女だからではない。彼女のことを、ひどく大切に思っているから、大事にしてあげたいのだ。
「あ……入ってる……」
  萌由美が目を閉じたまま、そうつぶやき、息を吐いた。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧