新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

後夜祭
君をイジメたい

本を購入

本価格:640(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:320円(税抜)

獲得ポイント:3pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

先生が好き。意地悪でSで私を脅迫するひどい人。だけど私を愛してくれる。処女だった私を放課後ドレイに堕としたご主人様を好きになるなんて、すごく惨め。なのに、なぜ?  先生を想うと胸が痛いの。調教されたから?  お尻の初めてまで捧げたから?  いいえ、きっと二人が運命の糸で結ばれたから。

ジャンル:
萌え | 学園 | 純愛 | 調教
立ち読み

★私のなかで目覚めるM?

  おつゆを浮かせた先端の部分に、尖らせた唇でちゅっとキスを捧げる。
「口だけでやれ。手は自分の股間とおっぱいをいじるんだ」
  正気のときなら、男を突き飛ばしていただろう。最低と怒鳴っていただろう。だが、桜子は、おずおずと右手を伸ばすと、秘部に指を当てた。
  ――熱い……。気持ちいい。
  桜子は、人差し指と中指を二本揃えて膣に入れた。ねちゃっと膣が鳴った。指ではもの足りないと感じた。
「う……んぁ……あふ……」
  口をペニスでふさがれた桜子の喉から出るのは、甘ったるいあえぎ声だ。
「おまえは最低だ。ヘンタイのインラン娘だ」
  あざける声が、桜子の頭上から降ってきた。
  担任教師の目には、目の縁をピンクに染めた、うっとりした表情の桜子が、口からペニスを生えさせているところが見えるだろう。しかも彼女は、おっぱいと股間に手を突っこんでオナニーをしている。よだれを口の端からたれ流し、セーラー服の衿を汚している。
  自分の格好のいやらしさがわかるだけに、男の言葉は骨身に染みた。
  ――私、なんていやらしいの……。でも、こうしなきゃ、テープをかえしてくれないから、仕方なくやってるだけよ……。

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧