新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

My姉

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:324円(税抜)

獲得ポイント:3pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
清花お姉ちゃんのカラダ、美味しい?  
亮太クンのためなら、私、な~んだってしてアゲル。裸エプロンでラブラブ調教?
お風呂でパイズリ?  キミはお姉ちゃんの初めてのひとなんだから、Mドレイにしちゃってもいいんだゾ!
キャ、そんなに激しく胸に抱きつかないで。
私はどこへもいかないから……
ジャンル:
萌え | | 純愛 | コスチューム | 調教
立ち読み
  初体験の緊張からなかなかペニスを入れられない亮太は絞りだすような声で義姉に聞く。
「義姉さん。僕、ヘンかな……」
  ――ど、どうしよう……。私、亮太くんをキズつけちゃった?  私のせいだわ。私が怖がっていたから……。
  保育士気質が、恐怖とためらいを吹き飛ばしていく。
  若い保母は、義弟に向けて甘く笑った。笑顔を向けられた人が、ほうっと緊張をほどくやさしい笑顔だ。
「ヘンじゃないわ。亮太くんのが、大きすぎて、入れにくいだけよ」
  とっさに言ったセリフだったのだが、泣きそうな顔をしていた義弟の顔がパッと輝いた。
  清花は、オズオズと手を伸ばし、肉茎を手でつかんだ。怖くて直視できない男根の、硬くてやわらかい感触にビクッとするが、怯えているヒマはない。
  腰を揺らし、膣口に押し当て、そうッと腰をおろしていく。先端の鈴割れの部分が、膣口にめりこんだ。だが、それ以上、奥に入れることができなくなった。
「くぅっ!!  あっぁあっ」
  鋭い苦痛に襲われた。処女膜が引っかかっているとはっきりわかる。
「うわっ、硬いっ、ってか、狭いっ、ね、義姉さんっ。うっ、き、きついよ」
  ――痛い、い、いや……逃げたい。痛いよ。
  ――だ、だめっ、痛いなんて言っちゃダメだよっ。亮太くんがびっくりするわっ。
  ――逃げちゃダメッ。私はお姉さんでしょっ!!  がんばるのよっ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧