新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ナイショの生徒会長
放課後はキミの下着モデルハート

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:648円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
私がキミの恋ドレイなことは絶対ナイショ!
紐ブラジャーからあふれたFカップでパイズリご奉仕☆
ナマイキ☆な唇でフェラチオキッス☆
今日の私、☆穴開きショーツを穿いてるの……放課後は屋上で、制服の私をいっぱいイカ☆せて☆
キミがデザインした下着を着るたびに、志帆はMになっちゃうの。
立ち読み
☆僕がデザインした下着を……☆
「スカート、めくってくれないか?  ショーツ、見たいんだ」
「イヤよっ」
「その、僕のデザインしたショーツの具合、見たいんだ」
  気弱そうな様子をつくろってお願いすると、志帆の表情が少しゆるんだ。
「う……。そ、そうね……。これ、スキャンティっていうんでしょ。ちょっと恥ずかしいからイヤなのよね……」
  志帆は文句を言いながらも、両手でスカートをたくしあげる。
  ピンクのスキャンティだ。脇にリボンとフリルがついたローライズタイプのショーツだが、秘唇を包む二重布に、楕円の穴が開いている。
  勃起して包皮を押しあげているクリトリスと、興奮して充血した大陰唇のスリットから溢れた透明な蜜が、太腿の内側をどろどろに濡らしている。
  スキャンティの中央に開いた穴のワクが、陰核の包皮をうまく押さえていて、ピンクパールの花芯が剥きだしだ。
  志帆は、赤くなった顔を恥ずかしそうにそむけている。
  制服は着ているし、下着もちゃんとつけている。なのに、乳房と秘部、それにクリトリスを露出した格好は、鼻血が出そうなほどエッチな光景だ。いっそ全裸になったほうがマシかもしれない。
  ワクだけのブラジャーはロック歌手かSF映画のヒロインのように、わざとゴツいデザインにして、淫靡さを薄めたつもりだったが、これではまるでSMのボンテージルックだ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧