新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

お嬢様×戦車

本を購入

本価格:713(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:713円(税込)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「私のナカなら何発撃ちこんでもイイんだぞ☆」
ティーガー戦車でやって来たお嬢様転校生・文緒。
凛々しき軍服少女がヒップを掲げて誘ってくれば、「私だって負けられないんだから!」
国産(?)幼なじみ巫女の九段千早もバージン誘惑!
熱く激しい純愛バトルはW顔射、軍服奉仕、3P競争へ!
立ち読み
☆朝のご奉仕で一勝一敗?☆
「ふふ……。太くなった。射精したいのだな」
  乳房の間で巧みに生殖器を擦りつける文緒。
「くっ……。ふ、文緒……。もう出る……ッ」
  柔らかな谷間が生みだす焼きつくような快感が、真人のシンボルを強張らせた。
  限界を超えた欲望が、脈を打って出口へと駆けのぼった。
「あふぁッ、出てきら……」
  尿道を駆けのぼってくる精液の感触に、文緒は牡を射止めた牝のように表情を蕩けさせる。痛いほどの射精感とともに、白濁色の粘液が噴きだした。
  噴きだした精液が飛び散り、文緒の顔を濡らし、舌を伝って口内へと注がれる。
(え……っ)
  文緒は射精がつづく肉茎を咥え、精液が噴きだすのをせきとめるように、舌先を射精口にねじこむ。逆流する感覚とともに、真人の腹筋が激しく震える。
「ン……んふ……んっ」
  圧力を増して口内に噴きだした体液を歓迎するように、文緒は激しく尻を振る。
(俺の精液を……呑んでくれている……)
  文緒は噴きだされた精液を舐め取るように、脈打っている竿に舌を絡めつける。
「んぷ……ッ、ぷ、……ぁふ……ッ」
  口のなかで暴れる凶器を舌で舐めあげ、文緒は牡のエキスを存分に味わう。
  その蕩けるような表情に昨夜の痴態を思いだし、真人の体が熱くなる。
  真人の怒濤の射精が終わったあと、文緒はそっと顔をあげ、口を開けた。
「……ふふ」
  文緒は白濁色に染まる舌を見せ、唇についていた精液までぺろりと舐め取る。そして満足げに微笑みながら口を閉じ、こくんと喉を鳴らした。
「ふふっ。ずいぶん……濃いな」
  満足げに笑う文緒の舌にはまだ、精液がべっとりとついていた。
「これで一勝一敗だな」
  自分が真人を射精させた高揚感に、文緒は意気揚々と口にした。
「なんだよ、それ?」
「……昨夜は、真人に圧倒された。組み伏されて敗北し、気持ちよくて圧倒された。だが、今日は私の勝ちだ。これで気持ちよく朝を迎えられる」
  文緒は着崩れた軍服を羽織り直し、よたよたとシャワーに向かう。真人は無意識のうちに、羽織った軍服の裾からのぞく彼女の美尻に向いていた。
「文緒……まだ時間、あるだろ?  その、興味が出そうなんだ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧