新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ガールズ☆レッスン

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:324円(税抜)

獲得ポイント:3pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
Chu☆
これがフェラチオ……キモチよかった?  
次はいよいよ初体験☆
亜矢がぜ~んぶ教えてあげちゃう☆  
女性アレルギーだって治してあげる☆
あなたの印をたっぷりかけて、女の子を自分色に染めあげて!  
逆調教レッスンだってシテほしい☆  
亜矢はキミ☆の先生で恋人で、ドレイなんだから!
立ち読み
☆あなた色に染まっていちゃいちゃ☆
  和樹は、射精がすっかり終わってから、ゆっくりとペニスを抜いた。
  栓が抜かれた膣口から愛液と精液の混ざったものが落ちる。
「んっ」
  身だしなみを整えたとき、亜矢がようやく気がついた。
  股間に手を当てながら、よろよろと立ちあがる。
「や、やだ、もったいない……」
  なにがもったいないのかと思ったが、亜矢の表情でわかった。
「出ちゃった……」
  彼女の手のひらに、白い精液がベットリとついていた。
「ごめんっ、ウエットテッシュ、貸そうかっ」
「いいの。ふふっ」
  亜矢は意外な行為に出た。
  精液を、乳房にベットリと塗りつけたのだ。
  まるでローションを塗るようにして、乳首を中心に乳房全体に塗りつけていく。
「うわっ、な、なんてコトするんだっ!?」
「だって、和樹くんの精液だもん」
  亜矢は、ブラジャーのホックをつけてセーラー服の裾をめくり降ろし、ショーツを穿いた。
  もう、いつもの亜矢に戻っている。
  この凛々しいお姉さまタイプの女子高生が、内も外も和樹の精液にまみれているなんて、誰も気づかないのに違いない。
「でも、肌が汚れるのって、みんなイヤだろ?  女の子はそういうの、とくにイヤじゃないのか?」
「私は内側も外側も、和樹くんの精液を浴びたいの!!」
  和樹は顔を赤くさせた。
  亜矢も、とんでもないことを言ってしまったとばかり、顔を赤くしている。
「か、和樹くんの、だからよっ!!  誰でもいいわけじゃないわっ!  誤解しないでよねっ!?」
「お、怒るなよっ。亜矢が怒ると怖いんだ」
「アレルギー、ましになってきたね」
「あ、ほんとだ。最近、蕁麻疹、そんなにでないな」
「じゃあ、今度、手をつないでデートできるかな?」
「そうだね。デートしたいな」
  ヘンタイエッチも調教プレイも楽しいが、亜矢となら、普通に遊んでいるだけで楽しいだろう。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧